ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃事実】スターウォーズに唯一登場する地球の言葉は日本語! 宇宙船に「ケビン」の文字

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハリウッド映画のスペースオペラ作品「スターウォーズ」シリーズ。その最新作として「スターウォーズ / フォースの覚醒」が上映されており、世界的な大ヒットを記録している。内容には賛否両論あるが、皆さんはどのように評価しているだろうか?

・銀河標準言語
スターウォーズの世界は「遠い昔、はるか彼方の銀河系」の物語であり、地球の言葉は登場しない。登場する複数の種族たちは「銀河標準言語」という銀河系で広く使われている共通語で意思の疎通をしている。

・地球の言葉が描写されているシーン
よって、「スターウォーズ」シリーズには、いっさい地球で使われている英語や数字は出てこない。もちろん、フランス語も中国語もヒンズー語も出てこない。しかし、全7作品中、唯一、地球の言葉が描写されているシーンがあるのだ。しかも日本語で!

・背景のタンクに「ケビン」
そのシーンは「スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐」にあり、たった2カットだけ、日本語が登場する。背景のタンクに「ケビン」とカタカナで書かれており、なぜか反対向きになっている。

・お遊びで日本語を入れた
1カット目は明朝体、2カット目ではゴシック体に変化している。おそらくデザイナーがCGで背景を描くとき、お遊びで日本語を入れたのだと思われる。しかしそのままだとすぐに日本語だと気がついてしまうため、反対にしてわかりにくくしたのだろう。

・上映当時は英語や数字が描写されていた
どのシーンにその日本語が登場するのか? DVDやブルーレイでもしっかりと日本語を確認することができるので、物語を楽しみながら自分で探してみると楽しいはず。ちなみに、初期の「スターウォーズ」3部作は世界設定が適当たったため、英語や数字が描写されていたが、のちに修正されて消された。

https://youtu.be/9fyak2u2PKs

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/01/04/star-wars-japanese/

Via: STAR WARS

Buzz+ バズプラス
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP