ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

老舗洋食店の伝統ハンバーグ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月27日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系、午後12時00分~)では、横浜を舞台に絶対に食べたい洋食グルメを巡り、中山秀征さん、中川翔子さん、小林幸子さん、篠原ともえさんが「洋食キムラ・野毛店」(神奈川県横浜市中区)を訪れた。

同店は1938年(昭和13年)創業の老舗洋食店。卓についた4人の元へ早速運ばれてきたのが「ハンバーグ・ステーキ・セット」(1320円/税込)だ。鉄板のお皿、グツグツと音を立てる出来たてのハンバーグ、そしてその脇の生卵と、目を引く一皿となっている。
ハンバーグに卵をからめて一口食べた小林幸子さんは「ものすごく、お肉の甘味…もう、最高ですね…」とコメント。つづいた中山秀征さん、中川翔子さんも「美味しい」「やわらかい!」と声をあげた。
肉汁を閉じ込めるため小麦粉をまぶして焼き、白ワインでのフランベを経てデミグラスソースで煮込まれた、手間暇かけたこだわりのハンバーグ。これにより「パン粉が肉汁を吸収するため、やわらかく旨味を逃がさない」と店主は言う。
つづいて、セットになっているパンをちぎってソースをつけて食べることに。篠原ともえさんが「卵のところいいですね!」というように、ソースと卵を一口サイズにちぎったパンにつけてぱくりと食べた中川翔子さんは「んんん~! 泣きそうになるくらい美味しい!」とコメント。中山秀征さんも「日本の洋食の良さですよねえ」とコメントした。

「はじめて食べるのに懐かしい味っていうのが不思議だなあ」と中川翔子さんがしみじみこぼす老舗の味。手間を惜しまず素材にこだわる、昭和から息づく一品だ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:洋食キムラ 野毛店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:桜木町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:桜木町×洋食・西洋料理のお店一覧
柔らかい群馬麦豚が味わえる豚の生姜焼き
本場・香川県高松市で味わう讃岐うどん

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP