ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2016 謹賀新年企画】今年の個人的おすすめ商品はこれだ!〜ライター蘭 よう子 編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

記者が愛用している商品をご紹介しよう。家庭や職場でコーヒーを楽しむ時、インスタント、ハンドドリップ、マグドリップ、コーヒーメーカー、エスプレッソメーカーなど。ライフスタイルに合わせて、いろいろな淹れ方がある。インスタントやマグドリップはお湯を注ぐだけ。ハンドドリップは紙フィルターとポットを用意して、ゆっくりとお湯を注ぐ。

コーヒーメーカーを使えば自動で抽出。記者も仕事の合間や疲れた時などにコーヒーを飲む。コーヒーにお湯が注がれた時の立ちこめるコーヒーの香りが好きだ。色々と楽しんでいると、コーヒー豆にこだわりたくなるのはもちろん、淹れ方にもこだわりたくなってくる。そこでこの『スターバックス ソロ フィルター』だ。

スターバックスコーヒー『ソロ フィルター』コツ要らずで1杯分の美味しいコーヒーを!

インスタントはお湯を注ぐで1番簡単だが、やはり香りや風味の弱さが気になったりもする。2~3人集まっている時であれば、コーヒーメーカーやハンドドリップなどでポットで淹れても良いのだが、一人分をパパッと美味しく抽出したい時は、ちょっと面倒に思えてしまうことも。

 

インスタントコーヒーだと物足りない。コーヒーの香りや風味を楽しみたいけど、本格的に淹れるほどの時間はない! そんな記者にぴったりなアイテムが『スターバックス ソロ フィルター』だった。

『ソロ フィルター』は、1杯分のコーヒーを手軽に素早く抽出することが出来るアイテム。紙フィルターは不要で、半永久的に使用出来るので、ゴミも減らせるし、経済的、また後片づけも楽なのである。メッシュフィルターになっているものは他にもあるのだが、それらはポットなどと合わせて使うもの。『ソロ フィルター』は何と言っても1人分というところがポイントでマグカップの上にセットして使う。また内蓋に特徴があるので、ハンドドリップの時のようなコツもいらない。ありそうで、意外とない商品なのだ。

 


↑構造は、上蓋、内蓋、本体と至ってシンプル。

 

使い方はカンタン!

まずは本体のみをカップの上にセット。コーヒー粉を1杯分(約10g)入れて、平らにならすしてから、内蓋をかぶせる。

内蓋の上から1杯分(180ml)のお湯を注ぎ上蓋をしてコーヒーが落ちるのを待つ。

 

ソロフィルターの秘密

コツがいらない秘密は内蓋に隠されている。底に細かい穴が開いており、お湯がシャワー状に均等に注がれるれのだ。ハンドドリップで淹れようとする場合、コーヒー粉全体が湿る程度にお湯を注ぎしばらく蒸らしてから、円を描くようにゆっくりと数回に分けてお湯を注いでいくのがおいしい淹れ方。

 

注ぎ口が細長くなっているポットを使うことが多い。しかし、ソロフィルターであれば、ただ内蓋にお湯をそそぎ入れるだけで、ゆっくりと均等にお湯が注がれていく。

また1杯分なので、準備も後片づけも簡単。コーヒーメーカーのように、コンセントが近くになくても大丈夫だ。底のフィルター部分は円錐状になっているので、コーヒーは中央に集まり落ちていく。フィルター部分にはスターバックスの絵柄も隠されていたりする。

 

フィルター部分の素材は合金(銅・錫・ニッケル)。紙フィルターを使うと、ペーパーの香りがついてしまうのが気になる人もいるだろう。そういった意味でも、風味を壊さずに最後の一滴までをカップの上で落とすことが出来る。また、紙フィルターに比べて旨味であるコーヒーオイルを多く抽出することが出来る。

 

片づけは、本体のコーヒー粉をポイッとごみ箱へ捨てるだけ。毎回、洗剤でしっかり洗ってもよいがコーヒーにのみ使用しているので、コーヒーの油分などを適度に残したい場合は、サッと水洗いするだけでもいいだろう。収納の場所もそれほど取らず、電源も必要ない。けれど、インスタンドではない本格的なドリップコーヒーを淹れることが出来る。

 

自分のペースでコーヒーを楽しみたい時にはとても便利。2人分くらいまでなら、コーヒー粉とお湯を増量して計量カップや口径が合うポットの上に置けば、たっぷりめに淹れることも出来る。

思っていた以上に使い勝手が良く、同じくスターバックスで購入してきた豆とともに、最近ではいつもこれでコーヒーを楽しんでいる。口径が70mm~85mmのカップに使用可。耐熱温度は120℃。実はスターバックスの隠れた名品なのである。

 

店頭およびオンラインストアで購入可能。価格は1,810円(税抜)だ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP