ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2016 : Lenovo、プロジェクターや3Dカメラも使えるモジュール型タブレット「ThinkPad X1 Tablet」を発表、2月に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Lenovo は 1 月 3 日、CES 2016 の開幕に先立ち、追加モジュールで機能を拡張できるユニークな Windows タブレット「ThinkPad X1 Tablet」を発表しました。ThinkPad X1 Tablet は 12 インチ 2,160 x 1,440 ピクセルのディスプレイや Intel Core M7 Skylake プロセッサなどを搭載した大画面タブレットで、別売でトラックポイント付きのキーボードドックが提供されます。ThinkPad X1 Tablet の面白いところは、チップ内蔵のモジュールで機能を拡張できるところです。Lenovo はまず、駆動時間を 10 時間から 15 時間に延長するバッテリーモジュール、プロジェクター機能を利用できるモジュール、Intel RealSense の 3D カメラをを備えたモジュールの発売を予定しています。このほか、最大 16GB RAM、最大 1TB ストレージ、USB Type-C 端子などを搭載しています。ThinkPad X1 Tablet の本体価格は $899 で 2 月に発売されます。また、モジュールは、バッテリーモジュールが $149(2 月)、プロジェクターモジュールが $279(5 月)、3D カメラモジュールが $149(5 月)です。Source : Lenovo(プレスリリース)

■関連記事
CES 2016 : LGディスプレイ、丸められる18インチローラブルOLEDパネルをCES 2016で展示
HTC One A9に搭載された「ハイパーラプス」機能と「スローモーション」機能とは?
Powerampの次期バージョンはアプリUIとオーディオエンジンが刷新、アルファビルドが公開される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP