ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

口内炎の原因と、今スグ試せる「対策とアイデア」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

口内炎がよくできて困るーーそんなあなたには「Little Things」がまとめた原因と対策が参考になるかもしれません。注意しておくべきもの、意外とたくさんあるものですね。

原因1
酸味のある柑橘類が好き

「レモン、オレンジ、パイナップル、イチジク、トマト、イチゴなどの柑橘類または酸味のある果物や野菜などは、口内炎を誘発または悪化させる原因となりますーWebMD」

フルーツが好きなあなた、食べ過ぎには要注意。デリケートな口内ではちょっと刺激が強いものは控えたほうがベター。

原因2
ストレスに悩んでいる

「不安やストレスは、口内炎を発生させる可能性がありますーeMedicineHealth.com」

イライラも原因のひとつ。休みを意識的に設けるべきタイミングを体が教えてくれているのかもしれませんね。

原因3
口内が傷ついた

外傷から化膿する可能性もあるのだとか。

「歯の治療や磨きすぎも含め、頬を噛んだり、スポーツ事故などで出来た傷も原因の一つですーMayo Clinic」

かたいポテチにも気をつけて!

原因4
スパイス効かせ過ぎ

「辛い物を食べることも、口内炎が頻繁にできてしまう原因ですーMedicine Net」

好きな人にとっては、ジレンマですね…。

原因5
禁煙開始直後に要注意

「患者の中には、喫煙をやめた後に口内炎が発症したと報告する人がいますーFrey Smiles」

電子タバコでも同様の傾向があったようです。原因はわかっていませんが、もしかしたらストレスと関係しているのかもしれません。

次に、対策法を見てみましょう。予想外のアイテムが登場することも!

対策1
ティーバッグを
患部に当てる

カモミールのティーバッグを水に浸し、5〜10分間、痛みのある部分に直接置く。これによって口内炎をより早く治療できるとか。

「カモミールには、炎症の軽減効果や防腐特性がある成分が含まれています。そのため治癒が早まり、口内炎の痛みを和らげる効果が期待できますーEveryday Roots」

 対策2
ハチミツをぬる

「Everyday Roots」は、生の蜂蜜にある抗菌性や抗炎症効果が痛みをカバーして、和らげてくれるとコメント。大きな口内炎が出来て痛くて仕方ない時にはいいかも。

対策3
塩水でうがい

塩による殺菌効果からか、治るまでのスピードを早めるための対策として「Empowher.com」がこんなレシピを紹介しています。

「温かい水1カップに、塩を小さじ1杯混ぜます。小さじ1/2ほどの重曹(食用)を追加してもよし。30秒間口の中をゆすぎ、吐きだします」

我慢してでもすぐに治したいあなたは要チェック。

 対策4
アロエ療法?

アロエを細かくカットして、水と混ぜて口の中に振りかける方法。よく日焼けにもきくなんて話を聞きますが、口内炎の痛みも和らげられるそうです。注意するポイントは以下のとおり。

「緑の部分ではなく、自然に取れたゲルの部分を使用するようにしてくださいーEveryday Roots」

対策5
ハミガキ粉をチェック

なんと、特定の成分に口内炎を引き起こす可能性があるそうです。

Andrew Weil医師は、「ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)と表示がない歯磨き粉に切り替えましょう」とアドバイス。いつも使っているチューブを確認してみては?

対策6
ヨーグルトの乳酸菌が
活躍するかも

「生きている乳酸菌が予防に効果的です。ティースプーン1杯程度で十分です。ーReader’s Digest」

毎日ちょっとした方法で試せる予防や対策のアイデア。気休め程度かもしれませんが、試してみては?

Licensed material used with permission by Little Things

関連記事リンク(外部サイト)

脳を傷つける可能性がある「3つの食品」
【図解】長時間の座りっぱなし 実はこんなにカラダに悪かった・・・
健康な赤ちゃんのために、妊婦への「7つの提言」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP