ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コミケ89での反響いかに? IIJ「真・痛SIM」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年12月29日から31日の3日間、東京ビッグサイトで行われた「コミックマーケット 89」。3日間で約52万人もの人を集め、年末の風物詩となっているこのイベントに、「みおふぉん」でお馴染みのIIJが登場。
会場で販売していた「真・痛SIM」の状況をお届けします。

 

3日間限定で販売されたのは、「IIJmio プリペイドパック【500MB】」にSIMカードにオリジナルのプリントを施し、それと同じデザインのパッケージ3種類と、限定デザインパッケージの「音声通話機能付SIM(みおふぉん)」の計4種類。また来場者プレゼントとして、ブースのTweetをした人へオリジナルSIMと同じデザインのステッカーが用意されていました。

それぞれのカードデザインを見ていきましょう。以前、SIM通でも紹介した魔太郎氏デザインのSIMカード。実際に目にすると細かな色のグラデーションもしっかりと表現されており、ICチップ部分を取り外したあとも飾っておきたいと思わせてくれるものでした。

鈴平ひろ氏デザインのSIMカードは、サンプル画像を見た時に「淡い色合いだから忠実な再現は不可能では?」と若干危惧していましたが、その心配は杞憂に終わりました。柔らかな線と色をそのままプリントしていました。ちなみに、堂前氏の推し絵師さんとのこと。

そしてウェブメディア「ねとらぼ」のキャラクター「ITちゃん」デザインのSIMカード。取材を行ったのは初日の午前11時過ぎ頃でしたが、この日の販売分は1時間足らずで完売。馴染みのあるキャラクターだっただけに多くの人が買い求めたのかもしれませんね。

ちなみに会場で販売してあったSIMカードに使われていたのは、昨年12月より出荷を開始しているという何もプリントしていないSIMカード。従来のSIMカードは表面にドコモのロゴと水玉があしらわれ、裏面にもドコモの連絡先等プリントしてありました。対するこちらはSIMのシリアル等が印刷してあるだけのシンプルなものです。

販売ブースに居た堂前氏に話を伺ったところ、「SIMカード作成は色々と大変なこともあったけど、想像以上の出来栄えに驚いている。自分たちでも納得のいく、またお客様にも満足していただける仕上がりになったと思う」と、ご満悦。

また2016年の抱負として「自らSIMカードが発行できるようになるため、HLR/HSSの開放を訴え続けたい。より良いサービスを届けるためにも頑張っていきます」とのこと。

今後も同様のSIMカード販売はあるのか尋ねたところ、「今回やってみて大変さが本当にわかった。今のところ未定だが、もし、やるにしてもイベントだけの販売になると思う」とし、そのためにもアンバンドル開放がいかに重要であるか力説。MVNOがより良いものになるための仕組みは徐々にできつつあります。それでも不十分な部分も多々あるため、業界全体が一丸となって盛り上げていってくれることを願い、私たちもそれを応援していきたいと思います。

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP