体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インタビュー】デイジー・リドリー、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のレイ役を語る

star-wars-the-force-awakens-tv-spot

観客は、ハン・ソロ(ハリソン・フォード)やレイア姫(キャリー・フィッシャー)、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)が30年ぶりに再会するのを観るために、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の劇場へ押しかけた。しかし、観客は、楽観的で希望にあふれ勇敢で、ルーク・スカイウォーカー(そして、拡大解釈をすると我々全て)と同じく無邪気な好奇心を持ち、思いもよらなかった“新たなる希望”の始まりとなる英雄の旅へと進んでいく、デイジー・リドリー演じるレイのファンになって映画館を後にすることになるだろう。

我々が初めてレイと出会うのは、惑星ジャクーの砂漠の地だ。そこは、レイが5歳の時に両親に捨てられた場所であり、そしてこの地で、ジョン・ボイエガ演じるフィンと、人気をさらう新型ドロイドのBB-8とすぐに重要な冒険に引き込まれることになる。本紙ヴァラエティは、映画『スター・ウォーズ』の世界に加わるという現実離れした体験や、J・J・エイブラムス監督が、ハリソン・フォードの近くでは“おたく少年”に変わるのを目にしたこと、スピンオフ作品『Rogue One: A Star Wars Story(原題)』に出演するフェリシティ・ジョーンズと会い夢中になったことなどについて、リドリーに語ってもらった。

レイというキャラクターを演じるにあたり、最も共感した部分はどこですか?

希望に満ち溢れているところ。それがオーディションに合格できた理由のひとつだと思う。それが私がずっと思い描いてきたことで、正気ではない何かを感じていたのだとしても、私の心の中には出来るはずだと思える何かがあった。たとえ私が、疑念と不安な気持ちでいっぱいだったとしても。だから、おそらくそこが共感できる部分だと思う。レイは、私よりもずっと希望に満ち溢れていて勇敢だと思う。あんなにも長い間一人ぼっちでいた女性が、起こる出来事に対して心を開き、冒険への旅が始まり、そして新しい関係が始まることは本当に素晴らしいことだと思う。

レイというキャラクターを作り上げていく上での共同作業はどのようなものでしたか。細かく設定は決まっていましたか?それともエイブラムス監督と協力しながら作り上げていったのですか?

レイというキャラクターは、当初役作りを初めた頃から変化して、穏やかな人物になった。そうしようと言ったのは恐らく私だと思うのだけど、米国人は私を理解していない傾向があって、その部分を補うために話し方をゆっくりにしたり、全ての物腰を実際の私よりも穏やかにした。そういった試みは上手く行って、自分でも「ああ、これってクールじゃない。私じゃないみたい」って驚いた。でもこれは間違いなくJJとの共同作業のおかげだと思う。脚本が素晴らしいのは一目瞭然で、私は何もする必要は無かった。でもJJは素晴らしく協力的だった。私達は毎日通し稽古をしていて、そこでどう感じたかによって物事は変わっていく。私たちは物事を調整し、意見が一致しているかを確認するために徹底的に話し合った。ハリソンとJJに一緒に会えたことはびっくりするような素晴らしい体験だった。だって、JJは本当にオタク少年みたいで、JJは、「もう最高!」みたいな感じになってしまって、そして彼らは明らかに徹底的に話し合っていた。私は女優としてはまだまだ未熟で、だからハリソンのように俳優としてキャリアを積んで来た人に会い、働き方や物事を上手く進めていくのを見れたことは本当に素晴らしかった。

1 2 3次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。