ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元猿岩石森脇が有吉を語る 「僕がいたら売れていなかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 猿岩石時代、『進め!電波少年』(日本テレビ系)で有吉弘行と共に大ブレイクした森脇和成(41才)。帰国後に発売した曲『白い雲のように』がミリオンセラーとなり、アイドルのような人気ぶりだったが、2004年に芸能界を引退。11年間サラリーマンとしてすごし、今年、芸能界に戻ってきた。会社員時代の苦労、そして元相方・有吉との関係などについて聞いた。

――サラリーマン時代はどんな仕事をしていたんですか?

森脇:一番長いのは輸入卸の会社で5年、勤めていました。あとは派遣の仕事も。輸入卸の会社では、時計、バック、財布などのブランド品を販売する営業をやっていました。

――サラリーマン時代、つらかったことはなんですか?

森脇:それまでの人生で、そんなに落ち込むことはなかったんです。たいした成功もしてないんですけど、壁にぶち当たる感はなかったんです。でもサラリーマンをやった時は、こんなにもできないかと思って。器用になんでもこなせる自信がどこかにあって、その鼻をへし折られたというか。

 厳しい社会なので、成績にすぐに表れるじゃないですか。営業なので、売り上げの数字がありますし、飛び込み営業に行ったら門前払い。営業のかたは皆さん経験されていると思いますけど、へこみますよね。舞台で滑った時とはまた違う感じです。

――輸入卸では、売り上げ成績が最下位で、いつも現実逃避していたそうですね。

森脇:オフの日は家にこもって、ずっとDVDを見ていました。日本の作品を見ると私生活につながって楽しめないので、海外ドラマしか見られないんですよ。しかも、スパイものとか超常現象とか、非日常の設定を好んで見ていました。現実社会から少しでも遠ざかりたかったんです。

――そんな毎日を送っているのもあって、芸能界復帰を決意した?

森脇:20代が芸能界で、30代が一般社会で、10年10年ですよね。じゃあ40才になった時に、これからどうしようと考えて。10年10年やってきたことを生かして、40代を過ごせたらいいなと思ったんです。今までやってきたことを、改めて追及したいですね。

――猿岩石が解散して11年の間に、元相方の有吉さんには連絡を取っていましたか?

森脇:とっていません、用事がありませんからね。ネットニュースになっていましたけど、寿司屋でたまたま会ったのが最後。その前は、解散前の仕事場です。

――森脇さんの結婚式にも呼ばなかったんですか?

森脇:呼びませんよ。呼んでも来ないと思いましたし。人見知りだから、誰も知り合いがいないところに呼んでも悪いので、呼ばなかったんです。

――復帰する際、有吉さんに相談しましたか?

森脇:一応電話しました。「復帰します」という断りというか。猿岩石はぼくが勝手に、自分のわがままで辞めているので、報告だけでも一番にしておこうと思って連絡はしたんですけど、つながりませんでした。

――有吉さんと共演したいという思いもあると思いますが。

森脇:もちろんありますね。ただ、すごい人になったじゃないですか。芸能界のトップを走っているひとりなので、ぼくが共演したいと言っても、自分がその土俵まで上がれていないのはわかっていますが、気持ち的にはしたいです。

――共演して、こういう事をしたい、というプランはありますか?

森脇:そこまではないですけど、いじってもらいたいですね(笑い)。

――11年間サラリーマンをやっている間、有吉さんがどんどん売れていく姿を見て、どういう気持ちでしたか?

森脇:すげーなって。有吉が面白いのは、ぼくが一番初めに気づいていますから、何の不思議もなかったです。やっと? みたいな。

――今くらいまで行くと思った?

森脇:正直思ってなかったので、そこまでかと思って。笑っちゃいますよね、あんなに売れたら(笑い)。辞めているときは復帰する気がなかったので、本当に一般人だったんです。だから有吉の番組見て、大爆笑していました

――悔しさはそこにはない?

森脇:もちろん、男なんて嫉妬はありますよ、当たり前じゃないですか。そこで、「くそ、俺も頑張ろう」と思わないと。ただ、今置かれている自分の立場で頑張ろうと思うだけで、また芸能界に戻ろうとか、自分がいたらな、とは1回も思わなかったです。ぼくがいたら有吉は、こんなに売れていなかったかもしれない。

――辞めなきゃよかった、コンビでいればよかったと思わなかった?

森脇:意外とそれは思わないです。いいなーくらいです。普通の人が思うくらいのことですよね、いいなー、すげーなーって。

――有吉さんのことって、サラリーマン時代によく聞かれたんじゃないですか。

森脇:そりゃキリなかったですよ。面倒くさいので、あのままですよって答えていました(笑い)。「どんな人?」「本当はいいやつなの?」とか。知りたいんだなと思って。でも、テレビにそのまんま出るわけないじゃないですか。さんまさんくらいじゃないですか? そのまんまなの(笑い)。

――カラオケで『白い雲のように』を歌ってくださいというのもきっと言われますよね。

森脇:死ぬほど言われました。歌ってと言われたら、必ず歌うようにはしています。だって、嬉しいじゃないですか。握手してください、サインしてくださいって。

――最後に今後の目標を教えてください。

森脇:いつか自分で舞台をやりたいですね。芸人の経験、サラリーマンの経験、全てを生かした舞台にしたいです。長いビジョンとして、いつかやりたいと思っています。

【森脇和成】
1974年8月1日生まれ。広島県出身。幼馴染みの有吉弘行と、オール巨人の弟子入りを経て、1994年に『猿岩石』を結成。1996年、『進め!電波少年』(日本テレビ系)のヒッチハイク企画で大ブレイク。帰国後に発売した曲『白い雲のように』がミリオンセラーとなり、1997年に『第39回日本レコード大賞』新人賞を受賞。2004年にコンビを解散し、芸能界を引退。今年10月に芸能活動を再開した。

撮影■田中麻以


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元猿岩石森脇 先輩芸人の「芸能界甘くない」に「有り難い」
大橋巨泉はがん闘病を諦め自宅売却 事務所社長が終活を証言
小栗旬と山田優に町内会が「会費2400円いただけませんか」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP