ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chainfire氏が「SuperSU」の新バージョン 2.66-BETAをリリース、Android 6.0版Galaxy S6 / S6 edgeのディープスリープ問題を修正

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android ハッカーの Chainfire 氏が Android 用 root 化ツール「SuperSU」の新バージョン 2.66 のベータ版をリリースしました。2.66 BETA は、Galaxy S6 / S6 edge を root 化した後に発生すると言われているディープスリープ問題への修正パッチを適用するマイナーアップデート版です。ChainFire 氏によると、Galaxy S6 / S6 edge では Android 5.1 でこの問題が発生しており、一部の国で配布されている Android 6.0 のベータ版でも同様の問題が発生することが確認されました。2.66 BETA を使って root 化、あるいは TWRP からアップデートすると、Galaxy S6 / S6 edge のセキュリティポリシーにパッチが適用され、root アプリでの問題が発生しずらくなるそうです。最新版は「BETA-SuperSU-v2.66-20160103015024.zip」です。Source : XDA

■関連記事
BlackBerry Priv用の薄型クリアハードケースを試す
Finder風UIでAndroidのストレージ内をブラウズできるMacソフト「SmartFinder for Android」がリリース
Google Playストアのアプリで横断検索の画面が横スクロール可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP