ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【国内旅行トレンド2016を発表】取材件数5200件から見えた新しいおすすめキーワード!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
おやど 小梅や

2016年、旅行のトレンドは、少人数でじっくりとこだわりをもった旅になるはずです。例えば、地元のクラフトや工芸に実際に参加してみたり、記念日に特別な友達だけで出かけてみたり。

編集部がずばり、来年の旅のキーワードを予想します。団体ツアーに参加して、ただ受け身で美味しいものを食べ、美しい景色を巡る旅行だけでは飽きたらなくなっている方に是非参考にしていただきたいと思います。

1.新・記念日旅

おすすめは記念日に出かける特別な旅

おやど 小梅や 友だちの誕生日。「ちょっと特別に大切な友達との思い出旅行プラン」で予約して宿に到着すると、驚きの空間が

おやど 小梅や ウェルカムスイーツや選べる色浴衣、夕食のカクテルなど、女ゴコロを揺さぶる特典がいっぱい

これぞパーティー!旅館とは思えないかわいい飾りつけに感動 バースデープランナー監修のデコレーションで、予めお部屋を飾り付けておいてくれる

おやど 小梅や 食後にはケーキが登場!オプションでスパークリングワイン(2000円~)も注文できる ※写真はイメージです

おやど 小梅や 「ハッピーバースデイトゥーユー♪」歌の後はーキに灯したロウソク一気に吹き消して

おやど 小梅や お宿だから、終電もディナーの後片付けも心配無用!楽しくてつい夜更かししちゃいそう

友達の結婚や誕生日を記念して、一緒に出かける場所として ぴったりの旅館。全室6室の小さな宿ですが、地元で採れた新鮮な野菜や源泉かけ流しの温泉で、記念日をお祝いしましょう。

一緒に宿に泊まるため、終電の心配もなく、思う存分盛り上がることができます。ウェルカムスイーツや、夕食の際のカクテル、お部屋のデコレーションなど、サービスも充実しています。 おやど 小梅や

TEL/0287-32-2253

住所/栃木県那須塩原市塩原316

料金/ちょっと特別に大切な友達との思い出旅行プラン1泊2食付き1万5750円~

アクセス/東北道西那須野塩原ICより25分

駐車場/7台

「新・記念日旅」の詳細はこちら

2.地元密着体験旅

暮らすように旅する国内旅行

武蔵小山温泉 清水湯 保温・保湿の効果が高いといわれる優れた重炭酸ソーダ泉の「黒湯」

武蔵小山温泉 清水湯 効能豊かな「黄金の湯」が源泉100%掛け流しの露天

地元の人しか知らないような、住宅地に湧いた温泉、武蔵小山温泉。この温泉の銭湯が清水湯です。2種類の温泉があり、保温・保湿効果が高いと言われる重炭酸ソーダ泉の「黒湯」と効能豊かな「黄金の湯」と2種類の温泉が人気です。

休憩処では、自家製の温泉卵も販売しているので、風呂あがりに地元の方々と談笑を楽しみながら、食べてみては。 武蔵小山温泉 清水湯

TEL/03-3781-0575

住所/東京都品川区小山3-9-1

営業時間/12時~24時(日は8時~、祝日は12時~)

定休日/月(祝日の場合は営業)

料金/入浴料大人/460円、中学生300円、小学生180円

アクセス/首都高目黒線荏原出口より3分

駐車場/13台(2時間無料、以後20分100円)

「地元密着体験旅」の詳細はこちら

3.クラフト旅

おすすめはご当地のものづくり

すずむし荘

すずむし荘 色とりどりの布を編んで、履き心地抜群の布ぞうりを作り上げる

安曇野の山里に佇む温泉宿、すずむし荘では地元の工芸品づくりに参加できます。ここで実施している「布ぞうり作り体験プラン」では、名人の方に教わりながら、履き心地抜群、色もカラフルなステキな布ぞうり作りに挑戦してみましょう。

宿の宿泊費とセットでお得なプランで楽しめます。こうした自ら参加する旅はこれからますますトレンドになるはずです。 すずむし荘

TEL/0261-62-8500

住所/長野県北安曇郡松川村西原3363-1082

料金/布ぞうり作り体験プラン1泊2食付き1万1750円~(入湯税込み)※材料費500円(持込可)

アクセス/長野道安曇野ICより20分 P100台

「クラフト旅」の詳細はこちら

4.ほかにも注目のキーワード

注目の国内旅行満載

カスタマイズ風呂

美容室などで、高濃度の炭酸をお湯に溶け込ませた「人工炭酸泉スパ」が流行したのはつい数年前。

最近は、入浴施設に人工炭酸泉風呂が増えてきている様子。シュワシュワ感がブームを呼びそう!

グランピング

グラマラスなキャンプ=「グランピング」。高級ホテルに滞在しているような快適さで、野外キャンプを楽しめる贅沢なアウトドアスタイルのこと。昨年から急増しており、2016年についにブレイク!?

進化系グルメ旅

自分で収穫した果物を使って加工体験ができる農園や、絶景とかけ合せた朝食プラン、道の駅の「マルシェ」化など、旅先の「食」が進化している。来年も新たな食×観光の試みが続々と誕生する予感。

気球搭乗旅

ドローンによって様々な場所の鳥瞰が楽しめるようになったが、規制が多く一般にはハードルが高い。そこで、同様の風景を肉眼で楽しめる「気球搭乗」に光が当たる予感!?各所で搭乗体験のイベントも。

スポーツ観戦旅

今年はラグビーが盛り上がり、観戦者が急増。来年秋には国内のバスケリーグが1本化される計画があり、熱視線を集めている。

2016年は、スポーツ観戦を目的とした旅に人気の火が付きそう!

まとめ

2016年も国内旅行はいろんな楽しみ方ができるはず。上記の大予想を参考にして、自分なりの最高の旅を見つけて下さい。

※この記事は2015年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

感動!音楽と光が奏でる!あづみの公園イルミネーション「光の森のページェント」
遊んで学べる!ワンコインで楽しめちゃう!熊本のおすすめ室内スポット5選
2月まで楽しめる!東京都内のイルミネーション7選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。