体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【冬季限定】氷のベットで寝れる!「アイスホテル」が北海道に出現

DSC_6601247

札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま再現。光と色彩が融合した氷のドームで、北国の自然を存分に堪能できる宿泊施設だ。

「アート」と「北欧」を体現できる
道内の“スウェーデン”

DSC_8979 DSC_6607

アイスヒルズホテルがオープンする当別町内の 「スウェーデンヒルズ」と呼ばれる地域は、スウェーデンのレクサンド市と姉妹提携を結んでいる。本場の町並みを再現し、一部電柱を地中に埋めるなど自然景観保全に積極的だ。

DSC_6278

北国の冬とそこにある暮らしを「アート」と「北欧」をテーマに楽しむ。それが同ホテルのコンセプト。期間中は、ライブイベントやワークショップなど、多彩なコンテンツや屋外アクティビティが目白押しだ。
氷と雪でできた建造物4棟のうち、レセプション棟ではアイスバーがオープン。お酒が楽しめるほか、期間中はイベントが開催される。滞在体験ができる3棟は、道内アーティスト3チームが、雪と氷で独自の世界観を表現した内装をデザインしている。

氷が光をとらえ、
雪が音がつかまえる
五感を刺激する「氷のホテル」

スクリーンショット 2015-11-25 10.46.35 スクリーンショット 2015-11-25 10.44.28 スクリーンショット 2015-11-25 10.42.30 スクリーンショット 2015-11-25 10.48.20
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。