ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

たったひと言でOK!旅が楽しくなる魔法の言葉

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Photo credit: Asami Yamada「贅沢に旅しよう!プーケットで最高級リゾートに泊まってみた」

プーケットの海とタイの国産ビール「チャーンビール」 Photo credit: Asami Yamada「贅沢に旅しよう!プーケットで最高級リゾートに泊まってみた」

こんにちは! 社会人トラベラーのTRiPORTライター・ヤマダです。
今回のテーマは「旅していて一番好きな瞬間」。
私が忙しい仕事の合間を縫ってでも海外旅行をする理由は「死ぬまでに行きたい場所」があるからです。世界遺産や絶景、ずっと見たいと思っていた景色を前にしたときの感動は言葉にできません。でも「一番」好きなのは、この瞬間ではなく、他にあります。

旅していて一番好きな瞬間…。それは世界のビールを飲んでいるときです!

私は学生時代から海外旅行をしていましたが、大人になってからほうが断然楽しいと思っています。だってお酒が飲めるから! これは、ただの酒好きの意見ってだけじゃないんです。

私のような社会人トラベラーがする弾丸旅行では、絶景を眺めたり観光を楽しんだりしているあいだ、観光客という感覚から離れることができません。でも、お酒を飲むと“素”になりますよね。海外で酔っぱらって、自分が観光客だと忘れる瞬間、そのときの開放感は快感とも言えるほどの心地よさなんです。

その国のビールを飲もう

Photo credit: Asami Yamada「欲張りに旅しよう!メキシコでウミガメと泳いでピラミッドに登ってきた」

メキシコ料理にはコロナが一番! Photo credit: Asami Yamada「欲張りに旅しよう!メキシコでウミガメと泳いでピラミッドに登ってきた」

海外でお酒を楽しむとき、日本で飲み慣れたカクテルや輸入ワインよりも、その国で作られたビールのほうがより気分を盛り上げてくれます。

最近では日本でも世界のビールが楽しめる店が増えていますが、やっぱり現地で飲んでこそ! メキシコでタコスを食べながらコロナを飲み、NYではバドワイザーを飲みながらハンバーガー、タイのスパイシーな料理にはシンハービールが一番合うと思いませんか?

それにね、お酒の力で現地の人と話す勇気が出るという嬉しい効果もあります。しかも酔っぱらうと、カタコトの英語がいつもより通じるような気になるんです。

旅が楽しくなる魔法の言葉

 Photo credit: Asami Yamada「【絵本の世界ブルージュへ】チョコとビールを求めてベルギー日帰り1人旅」

ベルギーのブルージュでは地ビール「Straffe Hendrik」を堪能 Photo credit: Asami Yamada「【絵本の世界ブルージュへ】チョコとビールを求めてベルギー日帰り1人旅」

私は旅行に行く前に、必ず覚える現地の言葉があります。それは「トイレはどこですか」と「ビールください」の2つ。英語もカタコトな私ですが、この2つだけなら8カ国語ぐらい話せます。レストランでたったひと言、現地語でビールを頼むだけで、隣の人が喜んで話かけてきてくれるなんてことも!

もちろん海外ですから気を抜きすぎるのは禁物ですし、飲み過ぎには注意しましょうね。
さぁ皆さんも「ビア、プリーズ!」

ライター:Asami Yamada
Photo by: Asami Yamada「贅沢に旅しよう!プーケットで最高級リゾートに泊まってみた」

関連旅行記はこちら

*Asami Yamada「贅沢に旅しよう!プーケットで最高級リゾートに泊まってみた」

*Asami Yamada「贅沢に旅しよう!プーケットで最高級リゾートに泊まってみた」

*Asami Yamada「欲張りに旅しよう!メキシコでウミガメと泳いでピラミッドに登ってきた」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。