ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人生の転機すぎだろ!ホームレスが本を書いた→5万部のベストセラーに!!【動画】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ホームレスの男性が書いた本がベストセラーになったというニュースが話題だ。

https://www.youtube.com/watch?v=9pGulnEehms

フランス・パリで30年近くもホームレスを続けてきたJean-Marie Rougholさん(47)が、自身の経験したホームレス生活を綴った本『Je tape la manche: Une vie dans la rue (My Life as a Panhandler: A Life on the Streets)』(訳:『物乞いとしての人生:路上での生活』)を発売したところ、なんと5万部近い売り上げを記録するベストセラーになった。

幼いころに母親に捨てられたJean-Marieさんは、アルコール依存症の父親に育てられ、20代前半で職を失って以来ずっとホームレスを続けてきた。2年前に公園のベンチなどで本の執筆を始め、ノートに書き綴ってきたという。

長年の友人である元内務大臣Jean-Louis Debré氏も、彼に本を書くように薦めた1人であり、ノートに書かれた文章をパソコンで入力しなおし、本の執筆や編集なども手伝ったそうだ(Jean-Louis氏がシャンゼリゼ通りで買い物するために駐車した自転車をJean-Marieさんが見張っておくと申し出たことで、2人は出会ったらしい)。

同著には、幼少期や青年期のカオスな思い出、道路や公園での生活、他のホームレスたちとの友情や縄張り争いなどが描かれている。この本が出版されることで、人々のホームレスに対する考えが変わるきっかけになれば…という思いがあるようだ。

本を大ヒットさせ、有名人となったJean-Marieさん。いまや世界中のテレビや新聞から取材が殺到しており、スマートフォンを使いこなしながらSNSのフォロワー管理もしているそうだ。

しかし、なにより生き別れた兄弟がテレビを見ていて彼がホームレスとなっていることを知り、再会できたことが最大の収穫だろう。自分に会いたがってくれる姪や甥もでき、今まで独りぼっちだった生活が一変したという。

相変わらずホームレス生活は続いているようだが、彼は「10ヶ月以内に印税が入り始める。そしたら自分の部屋を借りたいし、パソコンも購入する。そうすれば、本を書き続けられるから」と<AFP通信>に対して語っている。どん底から見事に這い上がった、まさに夢物語のようなサクセス・ストーリーだ。

【参照リンク】
http://www.odditycentral.com/

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

カナダの子どもたちがホームレスのためにとった行動に世界中が感動の嵐
これがリーマンショックの真実だ!ブラッド・ピット、クリスチャン・ベールらダサカッコいいアウトロー軍団がウォール街に倍返し!映画『マネーショート』予告編
結婚式直前で花婿に逃げられた花嫁 彼女が結婚式当日にとった思いもよらぬ行動とは?【動画】
「いい人」と噂のホームレスに宝くじドッキリをしてみた→衝撃の展開に【動画】

AOLニュース
カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP