ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

尿を嗅ぎ分けがんを早期発見する「線虫」 患者発見率95.8%

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今は治療法が確立されていない病でも、5年後なら──そんな期待を抱かせる、多くの興味深い研究が世界各国で進められている。

 例えば、手術支援ロボット「ダヴィンチ」は、3D内視鏡や7つの関節を持つロボットアームを備えており、危険を伴う精緻ながん手術を容易にする。操作は「自分が患者の体内に入って手術している感覚」(ダヴィンチを使用した医師)だという。

 高額のため限られた機関にしかないが、5年後はさらに普及すると考えられる。また、早期発見が肝心のがんだが、2015年3月、九州大学などの研究チームは、「線虫」に人間の尿を嗅がせ、がんの有無を判定させる論文を米科学誌に発表した。

 線虫を入れた容器にがん患者の尿を1滴垂らすと、線虫はその尿にぴたっと寄りつく。逆に健常者の尿からは逃げるように離れる。体長約1mmという線虫は嗅覚が鋭く、研究チームはがん患者の尿の微妙な違いを嗅ぎ分けたと推定する。

 研究チームが242人の尿で実験したところ、がん患者の発見率は95.8%だった。がんの種類は嗅ぎ分けられないが、尿検査だけで「がん疑い」がわかれば、がん検診の受診につながる。研究チームの九州大学大学院・広津崇亮助教が今後の見通しを語る。

「私たちは3年後の実用化を目指しており、実際の検査費用は数百~数千円で済むと思います」

※週刊ポスト2016年1月1・8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
癌になった人は認知症になりにくい 逆も同様の調査結果出る
5年生存率が高い乳がん 早期発見しやすく遅れても治療可
自覚症状なく治療困難な肺がん患者 受け入れ数トップ10病院

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP