ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年越し蕎麦は大晦日だけのものではない 節分まで大丈夫説も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「年越し」に食べるのは蕎麦に限らず、また大晦日だけのものではない。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が解説する。

 * * *
 NEWSポストセブンの読者のみなさま。あけましておめでとうございます。本年も拙文とおつきあいいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 という書き出しは、もう各所でご覧になっていると思うのでほどほどにしまして、本日の本題は「年越しそば・うどん」にまつわるお話です。

「おいおい。年末に年越しそばは食べちゃってるし、次に食べるのは、今年の年末。ほとんど1年先じゃないか。しかも、うどんって? 『年明けうどん』なら最近ときどき耳にするけど」

 そう思われる向きも多いかもしれません。しかし例えば讃岐うどんで知られる、香川県では年を越すにあたって、蕎麦とうどんの両方を打つ地域が多かったようですし、なかには、小豆島のようにうどんで年を越す地域もありました。ほかにも愛知県の小麦どころ、東三河(現在の豊橋市)なども、100年ほど前までは「年越し」と言えばうどんだったそうです。

 さかのぼってみると、各地方や家ごとに風習もまちまちだったようで、江戸時代後期の下級武士の日記には、「桑名では大晦日に蕎麦屋に行くのに、越後柏崎にはその習慣がない」とあったり、実は江戸時代の頃には大晦日ではなく節分に食べる蕎麦を指して、「年越し」と呼んでいた のだとか。1958年に刊行された「飲食事典」(本山荻舟)では「としごし(年越)」は次のように記載されています。

「一年の末日すなわち除夜の行事であるが、節分の夜をも年越というのは冬の果てる意味である。その他正月六日を六日年越、十四日を十四日年越とするところもあるが(中略)、当夜は家内打ち揃って膳につき、或いは酒肴を整え、また蕎麦切を食いなどして、過ぎし一年の果てを祝し、来る初春の幸福を迎える(中略)。本意は粗食症例にあると解され、節分の門戸に切り落とした鰯の頭を柊の小枝に貫いて挿すのも、同じ寓意であろう。蕎麦切りは旧年の積穢を去り、五臓の停滞を除くとの意である」

 実際、先の越後柏崎(新潟)や東北地方では、麺類ではなく、塩干魚で白米や麦飯での年越しだったと言います。年越しの流儀が、全国的に「蕎麦」に収れんしていったのは、実は戦後になってからの話なのだそうです。

 家族そろって食卓につき、行く一年と来る一年を祝うのが、本来の年越し。「思い立ったが吉日」ということわざもあることですし、思うような形で新年を迎えることができなかったという方も、新しい気持ちで”新年”を迎える機会は、節分までの間にまだまだあります。そう考えれば、気分も晴れやかになるのではないでしょうか。ともあれ、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
徳川慶喜に届けられた麻布十番「更科堀井」の真っ白い更科蕎麦
新蕎麦の香りやのどごしを楽しむには「もり」で一気に啜るべし
ヒガシマル醤油「うどんスープ」CM曲は元たまの知久が歌唱

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。