ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもたちも大喜び!フランスの小学校にたたずむ巨大パビリオンがすごい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近世界のいたるところでユニークなパビリオンを見かけるようになったけれど、フランス南西部に位置するアルジュレス=シュル・メールに威風堂々と佇む、“遊べるアート”をご存知だろうか?

こちらはNYの建築家集団、THEVERYMANYに所属するMarc Fornesさんによる設計。

Marcさんはルイ・ヴィトンやパリのポンピドゥセンターともコラボレーションする、世界的に著名なアーティストだ。

この作品の名前は「Pleated Inflation」(ひだ状の膨張という意味)といい、なんと990枚ものアルミニウム鋼板でできている。

それらを重ね合わせることで、一度見たら忘れられない複雑な造形が誕生したそう。

内部からのぞいてみると、まるで巨大な植物のようだ。

太陽の光を浴びるとレースのような影を落とし、思わず手を伸ばしその美しさを目に焼き付けたくなる。

突如として現れた巨大な建物に、子どもたちも興味津々な様子だ。

天気のよい日に訪れたら、青空とのコントラストも楽しめそうなこちらの作品。フランスを訪れる際は、立ち寄ってみては?

MARC FORNES & THEVERYMANY
http://theverymany.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP