ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“こい”にまつわるジンクススポット3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

神様の使いとも言われる縁起の良い魚「鯉」。「鯉」=「恋」ということで、恋愛成就のご利益もあるとされている。

そこで、調査のプロであるリサーチャーさんに、にまつわる恋愛ジンクススポットを調べてもらった。

「鯉恋の宮」(富山県蛎波市)

庄川水記念公園内にある「鯉恋の宮」は、「恋人たちの願いをかなえるKOI恋プロジェクト」としてつくられた。複数の恋愛スポットが一堂に会している。

十数メートルの高さにある「KOI恋の鐘」は、一度深呼吸をして心静かに鳴らすと幸運が訪れるという。鐘までの階段や橋は足元が透けるようになっており、スリル満点。

鯉恋の宮のシンボルキャラクター「なで鯉こいっぴ」は、漫画家・森みちこさんがデザインし、夫の彫刻師・大野勝人さんが彫ったという夫婦愛に満ちたモニュメント。

体の各部をなでるとご利益があるとされ、尾ヒレをなでると「良い人とシリあえる」らしい。

2016年1月7日(木)には、開運や縁結びを願う人の為に「厄払い鯉の放流体験」の開催が予定されている。

神戸北野天満神社の「叶い鯉」(兵庫県神戸市)

神戸北野天満神社は、学問の神様として親しまれる菅原道真公を祭る由緒ある神社。

手水所(参拝の前に手や口を清める所)にある鯉の像は「叶い鯉」と呼ばれ、この像に水をかけて祈願すると恋が叶うといわれている。

言葉を芸術にした現代芸術家・イチハラヒロコさんの「恋みくじ」も引くことができる。

「すきなら 好きと、 言えよ。」「愛は速攻。」「悪いけど この恋は にがさん。」など、ユニークで力強い言葉の数々は恋のパワーを与えてくれること間違いなし。

五色沼の「ハート模様の鯉」(福島県耶麻郡北塩原村)

裏磐梯(うらばんだい)には大小40あまりの湖や沼があり、総称して「五色沼」と呼ばれている。

その中でも、「毘沙門沼」は神秘的な美しさで有名。エメラルドグリーンの水面が多くの観光客を魅了。

季節や天気によって様々な表情を見せるので、訪れるたびに新たな魅力を発見できる。

この毘沙門沼で「ハートの鯉」を見つけると恋愛が成就する、という伝説がある。

お腹の下側にハートマークを付けた鯉が、ボート乗り場周辺で何度か目撃されているらしい。「赤いアイシャドウ」のある鯉を捜すのがコツだそうだ。

ホンネスト
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP