ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【悲報】 二重あごの本当の原因は「体重増加」ではなかった!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Doctors Me(ドクターズミー)
医師、その他専門家
「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービスです。また、医師をはじめとする専門家が執筆・監修する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信しています。
Doctors Me

年末年始の宴会続きで、顔がパンパンになってしまった・・・という人も多いのではないでしょうか。

顔のラインは、引き締まっていれば若々しい印象に、反対にたるんだりむくんだりしていると、老けた印象や太った印象となってしまいます。

顔のラインは、日頃の注意や心がけで、比較的変えることができる部分でもあります。今回は特に気になる「二重あご」について、医師に伺いました。

どうして二重あごに
なってしまうの?

1. 肥満
もともと二重あごではなかったのに、急激に体重が増えたりすると二重あごになる人がいます。あごの下の部分に脂肪が蓄積するためです。

2. 姿勢の影響
姿勢も原因になることがあります。特に、オフィスでパソコンの画面に向かって、少し下向きで同じ姿勢を続けることが多いかたは、あごを引き、たるみができる状態の姿勢が続くことになるので、その部分に不自然に脂肪が蓄積することがあります。

3. 顎関節症や虫歯による場合
あごを動かしたときにカクカクと音がしたり、左右のあごに痛みがあるような顎関節症(がくかんせつしょう)があったり、虫歯があってどちらかの歯をかばいながら食事をするような生活をしていると、不自然にあごに力がかかり、二重あごの原因になります。

4. あごの筋力低下
加齢などによる筋力の低下も原因になります。特に、現代人は以前のようにスルメや煮干しなど硬いものを食べる機会が減ってきていますから、あごの周りの筋肉を使わないことで、筋肉が衰えたるんできてしまいます。さらに、あごまわりを動かさないことで、血液やリンパの流れも滞り、むくみやすくもなるので、よりたるんだ、太った印象になってしまいます。

改善方法は?

1. 姿勢を正す
姿勢や無理な力がかかったことで二重あごになってしまった人は、美容上の問題だけでなく、筋肉が不自然に緊張することが肩こりの原因となったり、場合によっては筋緊張性の頭痛を引き起こすこともあります。思い当たる方は少し意識して、姿勢を正すところから始めてみましょう。姿勢がよくなるだけでもすでにかなり若々しい印象を与えます。

2. 意識して顎を使う
パンなども時々は歯ごたえのあるものを選んだり、玄米を硬めに炊いてよく噛んで食べるのもいいでしょう。ケーキや柔らかいお菓子ばかりではなく、ときには昔ながらの固焼きせんべいをおやつにするのもおすすめです。

■医師からのアドバイス
マッサージも二重あごの改善に効果的です。顔のラインをいつまでも若々しく保つために、できることから始めていきましょう!

監修:Doctors Me医師
コンテンツ提供元:Doctors Me

関連記事リンク(外部サイト)

あと5分だけ…二度寝は体に悪いどころか、「幸福感」をもたらす?
2016年こそ!「朝型人間」になるために知っておくべきコト
心筋梗塞の原因と予防方法。睡眠不足の人は・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP