体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1年を充実させるために!楽しく2016年の目標を決めるマインドマップ術

re_ximagination151100024

あけましておめでとうございます!
友達や家族に会ったり、美味しいものを食べたりして、のんびり過ごしていますか?

2016年は、去年よりもさらに良い年にしたいですね!
そのための「目標」、もう決めましたか?
目標を決めないのは、目的地をカーナビに設定せずに出かけるのと同じ。フラフラするだけで、どこへもたどりつけないのです。
連休のうちに、2016年の目標を決めましょう!

しかし、頭の中でただ「目標なににしようかなぁ…?」と考えるだけでは、私たちの脳はうまく働きません。書くことが大事です。
頭がよくなるノート術「マインドマップ」で、楽しく目標設定してみませんか?

人気芸人・厚切りジェイソンさん(実はIT企業の役員)もマインドマップをネタ作りや記憶に活用しているほか、EXILEメンバーメンタリストDaiGoさんも、マインドマップを活用しています。

脳と教育の世界的権威トニー・ブザン氏から直接学んだマインドマップ・インストラクター洞野宏介(ホラノコウスケ)が特別に、2016年の目標をマインドマップで決める方法を紹介します。
今後の人生や仕事にも役立つ考え方です。ぜひ試してみましょう!

頭が良くなるノート術「マインドマップ」とは?

02

マインドマップ」とは、頭の使い方であり、ノート術
真ん中のイラストから放射状に枝を伸ばし、色やイラスト、キーワードを使って楽しくかくことで、頭を使う方法です。
・記憶力が高まる
・アイデアがたくさんわいてくる
・情報を整理できる

などの効果があるので、テスト勉強や就活のためにマインドマップを使いこなせるようになっておくと便利です。

マインドマップを用いた授業をする大学・高校も増えており、愛知県豊田市の脳科学学習塾RAKUTO(※)など子供向けの学習塾でも使われているんですよ。
※ http://rakuto-toyota.jp/

IMG_81191

用意するもの

04

・ノートか紙(無地、大きさはA4以上)
・カラーペン(できれば6色以上)

1. 真ん中に「2016年の理想の自分」をイラストに描く

6cae9af70e970d162176a3d121cf34a0-500x371

真ん中にイラストを描きます。
・テーマは「2016年の理想の自分
・A4用紙を横向きにする
・イラストの大きさはペットボトルの底くらい
色を三色以上使う

絵が苦手な人も大丈夫。
スマホの絵文字を真似したり、Google画像検索などで検索して真似して描くなど、カンタンなイラストでOKです。

1 2次のページ
タウンワークマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。