ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年、新しい自分に出会うための3ステップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今の自分がキライ。変わりたい。そう思ったとき、筆者は旅に出ます。

旅はいつも新しい自分に出会うためのきっかけをプレゼントしてくれるから。しかし、どこかの土地にいくだけが旅ではありません。あたらしい自分にであうために、時々人は自分の内側にむかう旅を経験するのではないでしょうか。

そこで、自分の内側と向き合う旅・・・。『新しい自分に出会うための3ステップ』をご紹介いたします!

ステップ1 「今の自分」と「なりたい自分」を箇条書きで30個書きだそう

真っ白なノートに「今の自分」とかいて、その下を30個の箇条書きでうめましょう。自己分析の時間をつくることによって、まずは冷静に自分をみつめ直します。

<例>
1 物事をマイナス方向にとらえてしまう癖がある
2 有言不実行 
3 人の好き嫌いがはげしい
4 信頼する人にはとことんつくせる

できれば具体的に。そして、それを書いているときの自分の感情もメモ書きするといいでしょう。

書いているときあなたはどう感じましたか? 筆者がおこなった際、感情は「スッキリ」でした。今まで自分のことを分かっていたつもりが、書くことによって、しっかりと向き合えていなかったということに気づかされたからです。書くという行為は気持ちを整理するためにも必要なんだと感じました。

さて、「今の自分」を徹底的に洗い出したなら、こんどは「なりたい自分」にスポットをあてましょう。「なりたい自分」とは夢をえがくことと同じです。なれないものは何もありません。もし「わたしなんかじゃ絶対になれない」などとネガティブ発言が口をついてしまったのならば・・・。「今の自分」の欄に「ネガティブ志向」をプラスして。

ステップ2 新しい環境に足を踏み入れてみる

これは思いきりが必要です。新しいコミュニティにはいっていくのは色々と不安がつきもの。腰がおもくなりますよね。

新しいコミュニティには新しい人がいます。一からコミニュケーションを築かなくてはいけないわけです。

しかし、実はこの不安が大きければ大きいほど「これからのあなたにとって大きなきっかけをもたらす環境」だということを忘れないでください。不安は心の揺れ。心が揺れると不安定になるから不安な気持ちになるのです。

そして、揺れは変化の前触れです。人生のあたらしいステージにあがる直前、いったん揺れがあります。ただ、そこで怖がらず進みましょう。新しいあなたになるきっかけは、いつも新しい環境、新しい人間関係があたえてくれます。

ステップ3 スタイルアップ、イメチェンなど、外見を大胆に変える

「外見なんて重要!?」と思われるかもしれませんが、実はとても重要です。筆者の仕事柄(メンタル&スピリットカウンセラー)、たくさんの悩める方たちとお会いすることが多いのですが、新しい自分に出会いたいと悩んでいるとき、みなさま、表情が寂しそうであったり、マンネリ化している自分に落ち込んでいたりします。

また、表情はその人のオーラをつくるので、当然オーラもくすんでしまっていたり小さくなっていたりするもの。そして、それはまさに古いボディースーツを脱ぐ直前であるわけです。

新しい自分に出会うために最後に変えるべきものは、いまあなたが着ているボディースーツです。ダイエットで理想のカラダを手にいれたり、ヘアスタイルを大胆に変えてみたり、着ている洋服のタイプをがらりと変えてみたり。周囲が見てあっと驚くぐらいの変化がおすすめです。褒められると自信になりますからね。

くすぶっているとき、鏡をみる回数が減っていませんか? 外見を大胆に変えることで毎日鏡のまえに立ちたくなるでしょう。そして、キラキラ輝くあなたはいつも自信のオーラをまとい、周囲の人たちに「この人と仲良くなりたい」と思われることでしょう。それは周囲の人だけに留まらず、「幸運」もあなたと仲良くなりたいとアピールしはじめるでしょう。ときには大胆にイメージチェンジを。

人生の中には、似合うものが変わる時期があるように感じます。今までは似合ってたものが似合わなくなり、逆に、今まで似合わなかったものが似合うようになる。それはきっとあなたが新しいあなたになったから。

古いボディースーツを脱ぐタイミングはいくつも訪れます。20代には20代の、30代には30代の、40代には40代のあなたがいるように。年齢ごとに輝き方は変わっていくはずです。変わっていく自分を受けいれ、楽しみましょう。

[All Photos by shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP