体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

隈研吾が、手がける「ATAMI海峯楼」 海に溶けこむデザインが素敵すぎる・・・

新国立競技場の整備計画が、ついに決定しました。デザインは建築家の隈研吾(くまけんご)氏。日本の伝統美を現代のライフスタイルに再構築する作風で、洋の東西を問わず活躍する、日本建築界のけん引者です。ここでは、1995年に氏が手がけた、水とガラスとアートに包まれる極上の宿を紹介します。

海に融けこむ
ウォーターバルコニー

隈研吾が、手がける「ATAMI海峯楼」 海に溶けこむデザインが素敵すぎる・・・

相模湾に浮かぶ初島を望む絶景ーー。
一日わずか4組限定、全4部屋。心の贅沢を得るのに、これ以上ない至福の空間。それが「ATAMI海峯楼」です。海を見下ろす高台に建つこの宿は、もともと、ある企業の迎賓館として隈氏が設計・デザインを手がけたもの。2011年より、高級旅館として生まれ変わりました。

全室オーシャンビューの部屋から相模湾を一望できるのは、言うに及ばず。隈氏の意匠は、その海と部屋、さらにはここで紹介する「ウォーターバルコニー(水/ガラス)」が、まるで海に融けこむように境界線を失う、不思議な調和感にあるのかもしれません。

日本の伝統技法を
現代にアップグレード

隈研吾が、手がける「ATAMI海峯楼」 海に溶けこむデザインが素敵すぎる・・・

水を循環させた“縁側”によって、建築と海を接続しようという試み。ガラスの箱は水の中に浮かび、水は絶えず溢れ続けてそのエッジを失い、太平洋の水と、建築の中に捕らえられた水とがひとつに融け合う…。

熱海の自然の地形を活かしながら、縁側や庇(ひさし)など水平方向のデザインを取り入れることで、視覚的に境界を配する工夫。「日本の伝統建築はこうした仕掛けに溢れていた」。稀代の建築家はこう言葉を残しています。

隈氏は、このウォーターバルコニーを自身の“エポックメイキング”的な作品になった、とあるウェブマガジンのインタビューで語っています。氏は、そこで水を流すというデザインの難題と向き合い、「水を見せるとき、建築に新たな生命観を帯びる」ことを見出したそう。

一度は泊まりたい
名建築の温泉宿
(ATAMI海峯楼)

隈研吾が、手がける「ATAMI海峯楼」 海に溶けこむデザインが素敵すぎる・・・

木や石などの自然素材を用い、地域や風土に根付く自然の地形と調和しながら、日本ならではのプリミティブなスタイルに落とし込んでいく。建築家・隈研吾のエッセンスを随所に堪能できる宿。そこには、極上のおもてなしが待っています。

隈研吾が、手がける「ATAMI海峯楼」 海に溶けこむデザインが素敵すぎる・・・

Photo by 大広間「楽精/らくせい」

1階は、木版画家・徳力富吉郎による荘厳なふすま絵。

隈研吾が、手がける「ATAMI海峯楼」 海に溶けこむデザインが素敵すぎる・・・
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy