体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シャープ『プラズマクラスター冷蔵庫 SJ-TF50B』食材の使用期限をしゃべって教えてくれる”ともだち家電”!

_FAC2943

シャープ(SHARP)が展開している無線LANでインターネット接続してクラウドと連携、音声認識/対話機能搭載の未来家電シリーズ「ともだち家電」。この『プラズマクラスター冷蔵庫 SJ-TF50B』は冷蔵庫版で、食材の使用期限などを教えてくれる、しゃべる家電である。

冷蔵庫と購入すべき食材について話し合う時代…

もちろん一方的に話しかけてくるだけでなく、音声認識機能で会話ができる。事前に登録の必要はあるが、使用期限が近付くと「そろそろ使った方がいい食品が2個あるよ」などと声で教えてくれる。つい、うっかりを防止してくれるその機能は”ともだち家電”とはいうけれど、どちらかというとお手伝いさんに近いと思った。もちろん時給はいらない。

_FAC2944

まさに未来家電というべき『プラズマクラスター冷蔵庫 SJ-TF50B』(定格内容積501L・市場予想価格 税込約320000円・2015年10月30日発売)。シャープの展開する「ココロプロジェクト」第一弾で、ウォーターオーブン「ヘルシオ AX-XP2WF」と同時発売になったもの。

 

使用するためには高速インターネット接続とWi-Fi環境が必要。本体上部に無線LANモジュールが付いている。音声認識のためのマイクと発音のためのスピーカーも同じ位置にある。もちろん中にはコンピュータが内蔵されており、つまり人工知能のついた冷蔵庫ということだ。

_FAC2945

では人工知能を使って、何をするか。それは食材の管理である。ただ自動的に中に入った食材を認識するわけではなく、入れる際に一つ一つ声で冷蔵庫に伝えなければならない。ただ食材は約1650種(2015年11月現在)、メニューは約220種類を認識するので、通常の使用には問題ないだろう。音声認識に関しても、よほど訛りがきついのではない限り認識はスムーズ。多少声を張らなければいけないという、人類側から歩み寄る必要はあるけれども。

_FAC2947

『プラズマクラスター冷蔵庫 SJ-TF50B』と対話するためには、ドア前面にあるタッチパネル「おはなし」ボタンを触れて操作する。触れると飛び出してくる声はアニメ声優系の女の子の声。ここら辺は好みの分かれるところかもしれない。ちなみに下僕ではなく”ともだち”なのでタメ口である。冷蔵庫に対等に接してこられてイラっとしないように。

_FAC2951

 

そしてこの冷蔵庫は、スマホアプリと連携することでさらにその賢さをさらに実感できることになる…。

 

スマホアプリと連携することで買物リストを同期できる

そのまま冷蔵庫単体でも使用することはできるが、ディスプレイが無いので今ひとつわかりにくい部分もある。そんなとき役立つのがスマホアプリ「ココロボ〜ド」である。普段使い慣れているスマホを利用することによって、その利便性はグンとアップする。

PR_1
1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。