体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南村弾氏のショップ「ieno textile」がららぽーと立川立飛へ出店、新コレクションも

生活・趣味
ieno-textile-lalaport-tachikawatachihi_001

テキスタイルデザイナー・南村弾氏の新店

2015年12月、東京・立川の「三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛」内に「ieno textile 立川立飛店」がオープンしました。

ieno textileは日本を代表するテキスタイルデザイナーであり、ヨーロッパのテキスタイル見本市「ハイムテキスタイル」のトレンドセッターとしても活躍する南村弾氏が手がけるショップ。立川立飛店は、代官山の本店、渋谷の西武渋谷店に続く国内3店舗目です。

店内には、カーテン、ラグマット、クッションカバー、ランプシェードなど、インテリアテキスタイルを中心としたライフスタイルグッズが並びます。「ライフスタイルショップ」が増える昨今ですが、テキスタイルから構築された空間、商品構成は他と一線を画すユニークさを持っています。

ナチュラルでありながら驚きをもたらすのが南村氏作品の特徴。「できるだけゴミは出さない」という哲学を軸にしているのも魅力の1つです。定番品に加え、新店オープンに合わせた最新作も登場しています。ぜひ店頭でチェックしてみてください。

ieno-textile-lalaport-tachikawatachihi_002 写真左:シンプルなシアー生地の「KUFU(クフ)」。カーテンやランプシェード、マルチクロスにも使えます。

写真右:シンプルなボーダーラインと繊維リサイクル技術を活かした「WELL(ウェル)」。カラーバリエーションは全9色。

ieno-textile-lalaport-tachikawatachihi_003 写真左:「JOY(ジョイ)」。ひとつのパターンリピートが3メートルにもなるデザインで、カットや折返す箇所により表情の違いを楽しめます。

写真右:シアー生地の「SCHERE(シェーレ)」。細やかなストライプは約1センチ間隔でホワイトとブラウンの2色展開。

ieno-textile-lalaport-tachikawatachihi_004 写真左:穏やかに光る糸をアクセントにもちいた「PURE(ピュア)」。
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会