ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北欧デザインと日本の技術で生まれた美麗チェア「サポースチェア」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

曲木家具専門工房・秋田木工が生産

全国のIDC大塚家具ショールームにてダイニングチェア「サポースチェア」が販売されています。

サポースチェアは、デンマークのデザイナー・ソーレン・ウルリック・ピーターセンがデザインしたダイニングチェア。デンマークでの生産のためにデザインされましたが、機械化が難しいために生産が打ち切られていました。

今回発売されたサポースチェアは日本唯一の曲木家具専門工房・秋田木工が生産。秋田木工はヨーロッパでも少なくなった曲木技術を受け継いでおり、リ・デザインされたサポースチェアを日本の職人の手によって1台1台製造しています。

ひときわ目を引くのは、アームから前脚にかけて描かれる大胆なカーブ。曲木の技術をフルに使ってこそ実現できるデザインですが、立体的な曲線を描く部材同士が不規則にまじわる複雑な設計で、制作には相当高度な技術が必要なのだそう。曲木技術を発展させてきた秋田木工だからこそできる芸術作品とも言えるチェアです。

座面にはスウェーデン製麻テープが使われており、張り替えも可能。必要最小限の部材で作られているため、軽く取り扱いも容易で実用性が高いのもこのチェアの魅力です。

北欧デザインと日本の技術が出会って誕生した現代の名作。全国のIDC大塚家具ショールームで是非実物に触れてみてください。

ソーレン・ウルリック・ピーターセン

デンマーク 1961年~

木工職人として修行を積んだ後、デザインスクールで家具デザインを学び、1991年にSUP DESIGNを設立。

デンマークデザインミュージアムには、現役デザイナーとしては珍しく作品が常設展示されている。

2012年に新宿で開催されたフィン・ユール展の会場デザインも担当。

サポースチェア

サイズ:W560mm × D520mm × H760mm

張り:スウェーデン製麻テープ

価格:8万円(税抜)

メーカー:秋田木工

取扱店舗:IDC大塚家具 有明本社ショールーム

IDC大塚家具 銀座本店

IDC大塚家具 新宿ショールーム

IDC大塚家具 横浜みなとみらいショールーム

IDC大塚家具 立川ショールーム

IDC大塚家具 春日部ショールーム

IDC大塚家具 所沢ショールーム

IDC大塚家具 大阪南港ショールーム

IDC大塚家具 神戸ショールーム

IDC大塚家具 名古屋栄ショールーム

IDC大塚家具 名古屋星崎ショールーム

IDC大塚家具 福岡ショールーム

IDC大塚家具 仙台ショールーム

モダンスタイルショップ淀屋橋

ライフスタイルショップ 名古屋駅前

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

プレミアムセールにご招待! MARUNI COLLECTION & nextmaruniのアウトレットセール
ハーマンミラーストアで2つのお得イベント! 福袋と整備品を販売
イデーよりアセンダダのファブリックを使った特注家具が登場!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP