ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すべての女性に伝えたい、新しいことへのチャレンジと時にはリスクを冒すこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中南米コスタリカに、訪れた人が「人生で最高の経験をした」「また必ず戻ってくる」と口をそろえて述べるサーフィン・スクールがあります。カリフォルニアで生まれ育ったアメリカ人女性のティルザ・アイヒナー(Tierza Eichner)が運営するこのスクールには、一体どんな秘密があるのでしょうか。


(C) Pura Vida Adventures

ティルザのスクール「Pura Vida Adventures」は、正確には女性対象のサーフィン兼ヨガ・スクール。「Pura Vida」とはコスタリカの公用語であるスペイン語で「Pure Life」という意味。人々が挨拶をするとき、「調子はどうだい?」「Pura Vida! 」のように交わされる言葉で、「とても素晴らしいよ、人生を楽しんでいるよ」というニュアンスなのだとか。


(C) Pura Vida Adventures

コスタリカの雄大な自然の元、朝日と共に目覚めのヨガを行い、日中は美しい海でサーフィンをしながら波と戯れます。そして夜は、スクールのスタッフや仲間たちとお酒を飲みながら語り合う日々。確かにとても楽しそうではありますが、彼女たちが「人生で最高の経験をした」というのは、サーフィンやヨガそのものの体験ではないのです。

サーフィンとヨガを通して伝えたかったこと


(C) Pura Vida Adventures

2003年のスクール創設以来の自分の仕事を振り返り、ティルザさんは「一番良かったことは、多くの女性に新しいことにチャレンジすることの大事さと、時にはリスクを冒すことの必要性を伝えられたことだと思う」と述べています。それらを伝えるのに、サーフィンとヨガはとても適しているのだとか。「大きな波に挑むとき、恐怖を覚えるでしょう。でもそれをやり遂げたときの、彼女たちの自信に満ちた様子を見るのが好きです。その自信が、いい変化に繋がっていくのでしょう」と語っています。


(C) Pura Vida Adventures

そしてヨガを行うことで、集中力や精神の柔軟性も養えるそう。スポーティなサーフィンと静かなエクササイズのヨガという、一見真逆に見える二つのアクティビティですが、共通するのは自分自身の心に向き合うということかもしれません。

Pura Vidaとは「人生を楽しむこと」

通常「Pura Vida」のスクールは一週間ですが、そこで親友を見つけることも珍しくないといいます。飾らない自分を見せ合った仲間同士、絆が深まるのでしょう。参加者が述べている「人生最高の経験」とは、「Pura Vida=人生を楽しむこと」がどういうことか分かったということかもしれません。


(C) Pura Vida Adventures

なかなかコスタリカまで出かけるのは難しそうですが、ティルザさんの語る「新しいことにチャレンジすること」「時にはリスクを冒すこと」を意識することで、新しい人生の扉が開けられるかもしれませんね。

[Pura Vida Adventures]
[The Wonder Soul]
[De oceaan als leermeester]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP