ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水太りが原因の正月太り 3日以内の調整で最悪な事態を回避

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 お正月はついつい食べ過ぎてしまいがちだが、お正月に体重が急激に増えていても、この時点ではまだぜい肉ではない。

「食べた物はすぐぜい肉にはなりません。余った糖質はまず中性脂肪になって脂肪細胞にたまり、2日ほどかけて皮下脂肪になります」とは、AGE牧田クリニック院長の牧田善二さん。

 つまり、3日以内に調整すれば、ぜい肉はつかないのだ。ではなぜ、正月はすぐに太るのか。その答えはズバリ“水分”にある。

「原因は水分が滞って起こる “むくみ”です」(竹田竜太鍼灸整骨院院長・竹田竜太さん)

 正月には、むくみやすい習慣が潜んでいる。日常生活では会社に行く・家事をするだけでも運動になるが、正月はこたつに入ったまま動かないし、帰省のため、車に長時間座ったままでいるなど、運動不足になりやすい。そうなると、筋肉が硬くなって、リンパ液が流れにくくなり、むくむのだ。

 さらにこんな原因も。

「おせちは保存食なので塩分が高く、食べすぎるとむくみやすくなります」と、管理栄養士の平原あさみさんも言う。

※女性セブン2016年1月7・14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
正月太り解消 生姜摂取や40度の湯船でのマッサージなど有効
ダイエットの敵とは言わせない 糖質控えめなおせち料理とは
むくみ原因の正月太り解消 バナナ等カリウム含む食品摂取を

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。