ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「X JAPAN」に若いファンが増加 世代を超えて愛される理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在も世界中にファンの多い「X JAPAN」。12月には、約20年ぶりとなる全国ツアー「X JAPAN TOUR」が開催され、多くのファンを熱狂させた。「X」結成当初から、「X JAPAN」への変遷、さらにhide(ギター)とTAIJI(ベース)の死など、多くの経験を共有してきた十年来のファンにとって、彼らはカリスマ的存在となっている。とくにほぼ全ての作詞・作曲を手がけるリーダー、YOSHIKIを“崇拝”するファンは後を絶たない。

 今、そんなYOSHIKIを中心に、全盛期時代のX JAPANを知らない若い世代のファンが増えているという。女子大生のAさん(22歳)は、今年の夏にYOSHIKIのファンになったと語る。

「夏頃、関ジャニ∞がMCを務めるバラエティ番組にYOSHIKIさんが出演していたことをきっかけにファンになりました。それまで『X JAPANなんて実在するの? 幻のバンドでしょ?』と思っていたのですが、その番組を見て今も活動しているのを知ったんです。

 その番組で、関ジャニ∞と一緒にバンドセッションをしていて、メンバーにもすごく優しく接していて、親しみやすい人だなと思ったんです。大先輩のはずなのに、セッション後に『あ~緊張した』と笑っていて、その笑顔にやられました(笑)」(Aさん)

 別の女子大学生Bさん(21歳)も、テレビ番組でYOSHIKIを見てファンになったという。

「はじめてYOSHIKIさんを見たのは、音楽番組でした。ドラムの上に立ったり、裸でドラムを叩いたりと、見た目は怖そうな印象だったのですが、トークになるといきなりニコニコしだして可愛かった。今ってあまりカリスマ的な人がいないと思うんですが、『この人はすごい!』とすぐに感じました。

 翌日すぐにTSUTAYAでCDをたくさん借りて、今ではX JAPANばかり聴いています。あまり激しい音楽は好きではなかったけど、YOSHIKIさんが作るX JAPANのメロディーは、クラシックっぽい要素もある。そこが世代を超えて愛される理由かな、と思います」(Bさん)

 ここ数年で再び活発な動きを見せはじめているX JAPAN。全盛期の彼らを知らない若年世代のあいだでも、テレビ番組をきっかけにメンバーとその音楽に魅了されるファンが増えているようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
半沢直樹の後継番組が成功しない理由などTVの裏側読み解く本
被災地支援 YOSHIKIの汗濡れ脱ぎたてTシャツ190万円で落札
X-JAPANのYOSHIKI 1999年に皇后さまの耳の良さに驚いた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP