ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現役バーテンダーが教える BARで“モテ期”を起こす方法 女性編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人生に三度やって来る、そういわれているモテ期。しかし、言われているだけで実感していない人は多いのではないだろうか。

モテ期なんて信じない、そう嘆く方は今すぐBARへどうぞ。都内で働く現役バーテンダーのKさんいわく、「BARはモテ期が起こりやすい場所」と熱弁。

賑わう週末の店内で「女性がBARでモテ期を起こす方法」を語ってくれた。

とにかく明るく振る舞う

Kさんの経験上、BARでモテる女性は明るくてお喋りな人だという。

美人がモテるのは当然なのだが、クールビューティーな人見知りより、ルックスは中の中でも明るい人のほうがモテるのだとか。

しかし、いきなりトークスキルを上げたり、ズケズケ喋れるようにはなれないので、人の話を聞いて声を出して笑う、『えぇ! 本当ですか 』とリアクションを大きくするなど、簡単なことで明るさを演出できるという。

ほんのり酔った状態をキープ

シラフより少しお酒をいれたほうが人と話しやすいもの。BARではこの状態をキープして色々な人と話したほうがよい。

モテ期が起こらないのは単純に出会った男性の数が少ないからであり、母数をあげれば必然的にモテ期も起きやすくなる。

そして、それが結婚適齢期の男女が集うBARならなおさら。Kさんいわく「お酒の力を良い方に利用して、色々な人と話す女性にチャンスの順番が回ってきます」。

また、酔ったときの高揚感で普段はナシな男でも多少アリに見えてくるという。

趣味を聞くならお酒の趣味を聞く

基本的に男は無趣味な場合が多く、この手の質問をされ、答えに窮する場合が多い。

そして、趣味について語ったところで自慢話に発展しやすく、自分から話題を振っておきながら、「自慢ばっかりでツマンない」という謎の展開になってしまう危険性が。

「せっかくBARにいるのだから、お酒について聞くべき」とはKさんの弁。お酒の話で大人っぽくしっとり語り合うのがベストだといえるだろう。

女性客を味方につける

BARでモテ期を起こすには他の女性常連客の力も重要だという。

彼女たちに好かれ、「○○ちゃんの恋を応援したい」「○○ちゃんに早く良い人を見つけたい」という雰囲気にもっていくのだ。

そうすれば、友達を紹介してもらえたり、カッコイイ一見さんが来たら教えてもらえたり、出会いのチャンスがグッと広がる。一人では不可能なことがBARに通うことで出来るようになるのだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP