体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホラーラブストーリーから超常現象まで!世界各国から日本未公開の怪作映画が一挙上映!

エンタメ
ホラーラブストーリーから超常現象まで!世界各国から日本未公開の怪作映画が一挙上映!

特集上映「未体験ゾーンの映画たち」は、様々な理由で日本での劇場公開が見送られてしまう傑作・怪作の数々を「スクリーンで鑑賞して欲しい!」というただそれだけの願いから、ヒューマントラストシネマ渋谷が、2012年より毎年開催している劇場発信型の映画祭だ。この度、「未体験ゾーンの映画たち2016」が東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて1月2日(土)から、シネ・リーブル梅田にて1月23日(土)から開催される。記念すべき第5回目となる2016年は、各国のあらゆるジャンルから厳選した50本が大集結!気になる作品をいくつか紹介しよう。

『死の恋人ニーナ』

https://youtu.be/enEv1aVYSzg

本作は、その独創性で世界中の映画祭を席巻した、UK発の詩的で悪夢的なホラー・ラブストーリーだ。
イギリスのさびれたスーパーマーケットで働く若い女性ホリーは、同僚のナイーブな青年ロブに恋をする。ニーナという恋人を交通事故で失って以来、言動に問題があり、周りに対してもふさぎ込んでいたロブだったが、ホリーの優しさに惹かれ次第に心を開いていく。そしてロブとホリーは初めてベッドで愛を交わした。その時、二人のベッドが突然血で染まり、事故死したはずのニーナが姿を現す!まだ自分は死んでいないと思っているニーナは、自分以外の彼女を作ったロブに対して、怒りを込めて問い詰める。なぜ、ニーナは蘇って来るのか、ストーリーは思いがけない驚愕のクライマックスを迎える…。

『監禁/レディ・ベンジェンス』

https://youtu.be/-fdx7cpPFK4

第48回シッチェス映画祭ミッドナイト・エクストリーム部門で最優秀作品賞を受賞した本作は、『キル・ビル』を彷彿とさせる才気あふれる大逆転リベンジ・スリラー。
ある日突然、何者かに監禁された若い女性イブ。彼女は、隔離されたスペースで汚れたマットレスの上で繋がれ、日々、辱めを受けながらも脱出のチャンスをうかがっていた。あるとき、犯人の隙を突いて脱出に成功したイブが家のなかを捜索すると、なんと自分以外に何人もの若い女性が、それぞれ別の家で監禁されていることを知る。自分が逃げるだけでなく、同じ被害者の女性を一人ずつレスキューするのが自分の使命なのだと立ち上がったイブは、憎き犯人に復讐を遂げる決意をするのだったが……。

『ザ・ハロウ/侵蝕』

https://youtu.be/cAn2_zU5RJw

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会