ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Camera MXアプリにiPhone 6s / 6s PlusのLive Photoのようなカメラ機能「Live Shot」が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 用のカメラアプリ「Camera MX」に iPhone 6s / 6s Plus の「Live Photo」のような名前の新機能「Live Shot」が追加されました。Live Shot はシャッターボタンを押した瞬間とその 5 秒後までを記録する機能で、Xperia のタイムシフト連写にも似ています(Live Photo は前後 1.5 秒間の静止画と音を記録する機のです)。この機能は、動きのある被写体を撮影した際に複数の静止画の中からブレのないベストな一枚を選択することのほか、共有機能を利用して他のアプリに渡すと MP4 形式のショートムービーとしてシェアできます。Live Shot の利用方法はプレビュー画面左側にある Live Shot アイコンをタップして ON にした上で、シャッターボタンを押すだけです。アプリ内ギャラリーの Live Shot 作品には専用のアイコンが表示されるので、見分けやすくなっています。Live Shot の編集モードでは巻き戻しして記録した全コマを表示し、任意の時点の様子を静止画として抜き出すこともできます。「Camera MX」(Google Play)

■関連記事
ASUS Pegasusの新モデル「X005」が中国で認証を取得
Autosever : Wi-Fiアクセスポイントとの接続が切れるとWi-Fi機能をOFFにする節電アプリ
日テレ、第92回箱根駅伝の速報マップや記録速報を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP