ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

重箱詰めのルーツはここにあり。大江戸おせち事情

DATE:
  • ガジェット通信を≫

おせち料理の「おせち」とは「御節供(おせちく)」の略語。もともとは年に数回ある節日の祝い料理を指す言葉でしたが、やがて一年を通してもっとも重要なお正月料理に限定されるようになりました。『室町殿物語』という文献によると、古くは織田信長が正月5日に諸大名を集めて、新年の酒盛り=節振舞(せちふるまい)をしたという記録が残っています。

おせち料理の歴史は古く、平安・室町時代にはすでに同様の習わしがあったといわれています。その後、おせち料理の原型がほぼ定まったといわれるのが江戸時代。大根やごぼう、にんじんなどの根菜、黒豆、昆布、エビ、数の子、卵焼き、ごましめなどの煮しめ、江戸中期以降には彩り豊かなかまぼこが正月の節句料理の定番でした。

重箱に詰めるようになったのは江戸以降

重箱に詰める「正月重詰め料理」が始まったのは、元禄・文化年間のころ。現代では三段重が一般的ですが、江戸時代は五段の重箱に詰めるのが正式でした。「紅」でめでたさを、「白」で神聖を表す紅白かまぼこ、金銀財宝に恵まれるようにと黄金に見立てた栗きんとん(栗金団)、黒く日焼けするほど健康で達者(まめ)に働けるようにとの黒豆、子宝に恵まれるようにと子孫繁栄の願いをこめた数の子など、縁起のよい料理を奇数の品数だけ、各重に詰めるというルールが定まったのはこの頃から。

実は関西と関東で違う重詰め

重詰めの仕方もかつては地域によって異なりました。関東では隙間なくきっちりと詰めるのに対して、関西では裏白(ウラジロ)いう多年生のシダ植物を重箱の中に敷いて、四隅を空けて散らし盛りにするのが主流だったそう。

今では重箱に詰めず、大皿にまとめて盛り付けたり、各自でワンプレートにおしゃれに取り合わせたりして正月料理らしさを演出する家庭も増えています。デパートでは洋風、中華風とバラエティに富んだおせち料理のラインナップも百花繚乱。そんな風に、伝統をベースにしながらも時代の風を柔軟にとりまぜてきたからこそ、おせち料理は江戸から現代まで残る風習になったのかもしれませんね。

おすすめのレシピ

お鍋ひとつでできる!簡単黒豆のレシピ | 料理サプリ

卵焼き器で作るミニ伊達巻きのレシピ | 料理サプリ

なめらか栗きんとんのレシピ | 料理サプリ

おはしが進む絶品田作りのレシピ | 料理サプリ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。