ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野村克也氏 「勝利の方程式」という言葉が一番気に入らぬ理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ID野球」で知られる野村克也氏は、南海の選手兼任監督を経て、弱小球団だったヤクルトを日本一に導き、その後も阪神、楽天の監督を務めあげ「智将」と称された。そんな野村氏は、今の監督たちには欠けていることがあると指摘する。野村氏が語る。

 * * *
「監督にはコーチ経験を経てから就任したほうがいいのか」と聞かれることがある。可能ならば経験したほうがいいだろう。選手からいきなり監督になると、当然ながら指導者としての経験がないから戸惑うことが多い。かくいう私も、南海では兼任監督としていきなり監督になったから、その気持ちはよくわかる。

 だから私は兼任監督を引き受ける条件として、ヘッドコーチにドン・ブレイザーをつけることを要求した。メジャーの戦術にも造詣の深かったブレイザーは期待通り、私を的確にサポートしてくれた。今回の新人監督たちにも、こうした試合を任せられるヘッドコーチが必要だと思う。

 その際は、当時のブレイザーのように、野球の本質を理解しているコーチであることが不可欠だ。

 最近は指導者の質が低下しているせいか、どのチームも判で押したような戦い方をしている。ノーアウトでランナーが出ると必ずバント。決まったタイミングでリリーフが出てきて終了。こうなれば次の交代は誰、この打者へのサインは何と、素人が考えてもわかる展開になる。こうした戦い方を「アホ采配」という。

 近年は「勝利の方程式」などという決まり文句を使うが、私はこの言葉が一番気に入らない。勝負事に方程式などあるはずがないし、あると考えること自体、馬鹿げている。マスコミの責任も大きいが、それを鵜呑みにする監督がいるから、野球を型にはめてしまい、勝負の醍醐味を失わせていることに気が付いていないのだ。

 監督に創意工夫がないために、選手も考える野球ができなくなっている。これでは、野球はますますつまらなくなってしまう。

 かつて予想が当たらないものは3つあるといわれてきた。天気、経済、野球である。現在では天気予報の精度が上がり、経済の予測もそれなりに当たることもあるが、野球の試合の結果だけは今も誰にも予測できない。

 野球は筋書きのないドラマ。弱者が強者を倒せるスポーツ。新監督たちには、ぜひこの野球の醍醐味を取り戻してもらいたい。お手並み拝見といきたいところだ。

※週刊ポスト2016年1月1・8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【プロ野球コーチの役割】ヘッドコーチ編 監督退場時は代役
【プロ野球コーチの役割】投手コーチ編 元捕手がなる例も
TBSの名物番組『プロ野球をクビになった男たち』が書籍化

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP