体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冬の冷え性対策に悩むあなたへ!温活のススメ

冷えとりっぷ

本格的に寒さが増す12月。あったかストーブの前でほっこり。と、ついつい家に引きこもりがちです。中でも特に冬の冷え性対策に悩む方は、温活なんていかがですか?

取り入れやすい温活グッズから、温活を行う際のポイントなどをたくさん紹介しています。今年は温活で体にいいことしてをみませんか?

■あなたの体は冷えてない?温活とは

冷え性対策に温活を!温活が体にいいワケ

冷えチェック項目5箇条

□無理なダイエットをしている

□あまり運動をしていない

□汗をよくかく

□冷たいものをよく飲む

□ストレスをためやすい

上記にあてはまる人は冷え性の疑いあり?万病の元になる冷えは我慢せずに解消しましょう!

冷えは手足が辛いだけではなく、頭痛や肩こり、むくみ、腹痛などの原因になることも。女性にとっては肌荒れや吹き出物が出たり、基礎代謝の低下はダイエットの妨げにもなる厄介な症状です。美容と健康の大切な第一歩は「温活」からはじまります。

■冷えとりの3つのポイント

冷え性対策として始めたい3つのポイント

ポイント1/動く

休日など寒くてインドアになりがちな人は外に出かける予定を作るなどして動くようにしましょう。

冷えとりポイント 動く

ポイント2/食べる・飲む

あったかいものを食べたり飲んだりすれば心もほっとします。

冷えとりポイント 食べる・飲む

ポイント3/あたためる

一人暮らしで普段シャワーだけで済ませてしまう方などは、お湯につかって体を温めましょう。お家でできるカンタン足湯もオススメです。

冷えとりポイント あたためる

■身近な温活グッズとお店をご紹介

家ではリラックスできるアイテムを活用して、お出かけは天然素材の組み合わせで冷え対策を。

体を温める服の着方 体を温める服の着方

1.手足を温めるにはまずは体の中心部を温めることから

2.スカートよりもズボンがおすすめ

3.足元は締め付けないのがポイント

京都市・下京区INOBUN 四条本店(イノブン)

5フロアで展開する大型生活雑貨の専門店。世界中からナチュラルで優しい日常使いのアイテムがいっぱい。こだわりの雑貨で足湯もオシャレに。

お家でできるカンタン足湯。血行が良くなってお風呂に入ったみたいに体もぽっかぽかになります。睡眠の質が高まれば体の調子だけでなく心にもいい効果が。

ほうろう製たらい(10ℓ) ほうろう製たらい(10ℓ)4860円

シンプルなデザインと懐かしい質感。足湯にピッタリのサイズで、取っ手があるので持ち運びも便利。

京都市・下京区INOBUN 四条本店(イノブン)

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。