ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【特別対談】果たして、ピンチは本当にチャンスなのか? (イチロー×豊田章男)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マイアミ・マーリンズに所属するイチローとトヨタ自動車の豊田章男社長の“対談シリーズ”第2弾。今回は「ピンチとチャンス」がテーマです。

「ピンチはチャンスだ!」とはよく言われるものの、それって本当はどうなのでしょうか?かねてから豊田社長に聞いてみたかったというイチローが、その核心に迫りますーー。

「章男社長は、ピンチの“ど真ん中”に飛び込んでいく」

イチロー 世の中で「ピンチはチャンスだ」ということがよく言われますよね?でも、実際のところ、ピンチはピンチじゃないですか(笑)。

豊田 はい(笑)。

イチロー 僕なんか、まさに「ピンチはピンチ」の状況がずっと続いていました。とてもじゃないですが、チャンスだなんて思えないですし、そうやって昇華させることもできない。でも、(豊田)章男社長は、それを本当に体現している方なんじゃないかと思っています。ピンチのときに、そこにズドーンと向かっていく機動力と覚悟と思い切りがある。普通は逃げたいし、何とかかわしたい。でも、ど真ん中に飛び込んでいくイメージがあるんです。それってどうしてなんでしょうか?

豊田 おそらく、私も「ピンチはピンチ」だと思っているはずなんです。でも、私がそれを認めてしまったらおしまい。だからこそ、あえて「ピンチはチャンス」と言っているんだと思いますね。あと、私ももともとはアスリートですから、頭で考えるよりもまず体を動かすことを優先します。いろいろ考えすぎないで、とにかく思った方向に進む。それが間違いだと気づいたら、途中で修正すればいい。自分の行動を最終的に“正解”にすればいいんです。それが「ピンチがチャンス」になっているということのような気がします。

「危険なところに早く近づくことが、もっとも安全」

イチロー そうして一歩を踏み出すわけですね。

豊田 少しでも一歩を踏み出すと、新たな変化が生まれる。そうすると、新たに分かったこととまだ分からないことがハッキリするんです。最初から“チャンスの光景”が見えているわけではありません。

イチロー なるほど。

豊田 一歩を踏み出すことで危険なところに入るわけではなく、逆に安全地帯に入る。そういう感覚だと思います。

イチロー それは章男社長の性格がそうさせているのでしょうか?それとも立場?

豊田 性格もあると思いますね。以前にグランドホッケーというスポーツをやっていたんです。サッカーでいうPKのようなものがあるのですが、守備側のときの私の役割は、ゴールキーパーの前にいて相手のシュートを防ぐこと。そのときに分かったんです。“中途半端”なポジションにいることが一番危険なことだと。シュートは徐々に浮き上がってくるので、相手に近づけば近づくほど安全だということを体で覚えました。

イチロー それが今の考え方にも表れていると。

豊田 何となく潜在的にはあるのかもしれません。

イチロー でもその決断がものすごく早い。

豊田 中途半端なところにいたら自分が痛いからですよ。とにかく早く危険なところに近づく。実はそれこそが一番安全なことなんですよね。

 Licensed material used with permission by トヨタ自動車株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

【対談】イチロー×豊田章男社長 「成長するということ」
イチローがメジャーリーグで念願の投手デビュー!(動画あり)
本田圭佑が子どもたちに語った「夢への3ヶ条」が、大人にも響く

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。