体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「外湯」めぐりの旅。野沢、草津、蔵王…歴史深い温泉地を訪ねて【関東・東北】

野沢

野沢温泉や草津温泉、蔵王温泉…など、古くから温泉地として発展してきた土地には、代々地元の人々によって管理・共有されてきた歴史深い「外湯」がある。

湯の恵みと共に歩んできた温泉街の文化遺産=「外湯」をめぐる旅に出ましょう。

外湯めぐりの注意点

1.地元の人々と文化に最大限のリスペクトを。

地元の人々が日常的に訪れる外湯では、最大限のリスペクトをはらいましょう。「お邪魔します」の気持ちを込めて地元の人への挨拶を。

2.入浴マナーを、しっかりと守ること。

浴槽に入る前に体を洗う、水で薄める時はひと声かける…など、基本的な入浴マナーは遵守!

3.外湯維持のためにも寸志はきちんと払う。

外湯には入湯無料の施設も多いが、賽銭箱等が置いてある場合はかならず寸志を払うこと!

野沢温泉

楽しみ方1.長野県・野沢温泉で、

外湯と名所を訪ねる「集印めぐり」へ。

野沢

長野県北部に位置する野沢温泉には、江戸時代から「湯仲間」という独自の制度によって共同管理されてきた13もの外湯が点在しています。すべて天然温泉100%かけ流しの外湯は、湯と共に歩んできた村の文化遺産ともいえる場所です。また、野沢温泉では「大湯」などの外湯をはじめ、「湯沢神社」などの名所を訪れる“集印めぐり”を楽しめます。

楽しみ方2.地元の人との会話を楽しもう!

野沢温泉2

野沢温泉のシンボルとして知られる「大湯」をはじめ、「河原湯」や「麻釜の湯」などすべての外湯が、観光客でも利用可能となっており、毎日のように通う地元の人々との一期一会のふれあいを楽しむことができます。

楽しみ方3.各所の集印台で絵柄を写し取る。

1512_kanto_3_nozawa_2

野沢温泉では、13の外湯をはじめ「湯沢神社」などの名所26か所の集印台で、描く図柄を専用の集印帳(観光案内所などで販売)に写し取る、”集印めぐり”が楽しめます。

楽しみ方4.10カ所以上集めてプレゼントと交換!

野沢温泉4 野沢温泉2

10カ所以上集印を集めると、「岡本太郎『湯』タオル」、20か所以上でタオルか「外湯巡り手拭い」のどちらかのプレゼントと交換できます。ぜひ、旅の思い出に外湯巡りを楽しみましょう。

野沢をぶらりさんぽ

野沢ぶらりさんぽ 野沢温泉の伝統工芸品のひとつ、あけびつる細工! 野沢ぶらりさんぽ2 温泉街にはおみやげの店なども多数。お店の看板猫にごあいさつ!
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。