ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アジア人初国際司法裁判所所長・安達峰一郎は「世界の良心」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1931年、アジア人として初の国際司法裁判所(オランダ・ハーグ)所長となった安達峰一郎は、ヨーロッパでは「世界の良心」として讃えられている。我々日本人だけがよく知らない、世界が称賛する日本人の一人だ。

 安達はオランダで客死。オランダ国家は「国葬の礼」を、国際法廷は「常設国際司法裁判所葬」をもって死を悼むとともに、彼の功績を讃えた。大国・小国に関係なく公平な判断を下す安達は特に小国での人気が絶大で、「コルフ島事件」(※注)で裁定を受けたギリシャでは「日本人といえば安達峰一郎」とまでいわれた。

【※注:1923年にイタリアがギリシャ領コルフ島を砲撃した事件】

 1869年、山形で生まれた安達は国際法を修めるため上京。東京帝国大学仏法科を卒業後に外務省に入り、外交官としてのキャリアをスタートさせた。安達の有能ぶりを安達峰一郎記念財団の常務理事・吉田正文氏が話す。

「豊富な国際法の知識はもちろん、当時の外交で公用語だったフランス語のみならずイタリア語、英語を武器に国際交渉の最前線で戦っていました。日露戦争の講和条約を結ぶため1905年に開かれたポーツマス講和会議では、ロシア全権代表のセルゲイ・ヴィッテがまくしたてるフランス語を冷静に日本語訳して小村寿太郎・日本全権に伝えるという重責を担いました」

 その後は国際連盟の日本代表理事として活躍。第10回総会まで連続して日本代表を務めた。

「第一次大戦後、カリフォルニアで日本人の移民問題が起きた時には、ヨーロッパ人の移民は規制しないのに日本人は規制するという内容に、安達は日本を代表してきちんと法律論に則って不合理があると訴え認めさせました。当時、国際連盟事務次長だった新渡戸稲造をして『安達の舌は国宝だ』といわしめました」(吉田常務理事)

 1929年にはハーグ対独賠償会議で対立したイギリスとフランスが、当時、在フランス大使だった安達に調停を依頼。彼は日本流の茶会を開き、両国代表を和解させたという逸話がある。

 1930年には国際司法裁判所判事の選挙に出馬。当時の欧州の列強を抑え、52か国中49票を得てトップ当選する。翌年には判事選で第4代国際司法裁判所長(裁判長)に選出された。アジア人として初の栄誉だった。

 だが時を同じくして日本では軍部の暴走が始まり、満州事変へと進んでいく。苦悩した安達は、当時の首相・斎藤実と元首相の若槻礼次郎に戦争回避を説いた。

「当時の日本は軍部の力が強く、首相もなすすべがなかった。そんな厳しい状況でも、欧州人は安達の活動に注目していた」(同前)

 しかし、期待に応えることはできなかった。1934年、暴走する祖国との板挟みになった安達は心臓と精神を病み、オランダにて65年の生涯の幕を下ろした。

(文中一部敬称略)

※週刊ポスト2016年1月1・8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安達祐実 若い男に入れ込む母に愛想をつかして絶縁状態に
安達祐実と井戸田潤 事実婚状態でも買い物中の会話はひと言
新恋人発覚の安達祐実 元夫・井戸田潤は「写真集買わない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。