ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1983年米サミットでの中曽根事件 並び順厳格化の契機との説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「序列」はどこの世界にも存在する。サミット(先進国首脳会議)の恒例行事である各国首脳の記念撮影。実はこの「立ち位置」にも国際儀礼に則ったルールが存在している。

 * * *
 2015年6月に開催されたドイツ・エルマウサミットの記念写真。中央は主催国ドイツのメルケル首相。その両脇をアメリカのオバマ、フランスのオランド両大統領が固め、さらに両サイドに各国首相が並ぶ。日本の安倍首相は左端から2番目と隅に追いやられた感があるが、これは国際儀礼に則った正規の立ち位置だという。
 
「記念撮影は、開催国を中心に、内側から国家元首(大統領)、首相の順で並びます。同格の場合は、在任期間が長い順から中央寄りに並びます」(外務省経済局政策課)
 
 当時、安倍首相は在任2年半(2012年12月~)。首相の中ではイギリスのキャメロン首相(5年)に続き序列は6位だった。だからこそ、メルケル氏→オバマ氏→カナダ・ハーパー首相に次ぐ中央から左に向かい3人目に位置し、安倍氏よりも外側には(常に端を占める)EUのトゥスク欧州理事会議長しかいない。首脳として序列が安倍氏より下だったのは、在任期間が短いイタリアのレンツィ首相の7位だった。なお、期間をあけて複数回、大統領や首相を務めても在任期間は合算されない。
 
 並び順については主催国が事前通達し、現場でも担当者の誘導があるようだ。
 
 ところが、1983年の米・ウィリアムズバーグサミットでは、慣例だと序列6位の中曽根康弘首相が同3位のイギリス・サッチャー首相を差し置き、主催国(レーガン大統領)の隣に入り込む“事件”が発生した。約30回のサミット取材経験があるジャーナリスト・嶌信彦氏が内幕を語る。

「中曽根さんの時代まで、サミットに参加した歴代首相は英語もそれほど上手ではなく、各国首脳の談笑の輪に入ることが少なかった。中曽根さんは、サミットの写真で端にいると孤立しているように見られてしまうとの自覚を持っており、この時は『必ずレーガンの隣に立とうと決心していた』と話していました」
 
 昼食会を終えた中曽根首相はレーガン大統領と談笑しながら歩き、話を終わらせないように引き延ばして立ち位置をキープ。そのまま堂々と写真に収まり、日本の存在感を示した。それまではルールは緩やかで、過去の写真を見ると概ね在任期間は関係なく「主催国→大統領→首相」という順番だけが守られていたようだが、“中曽根事件”はその慣例を破ったことになる。
 
〈本来の慣例にのっとった序列では4位のカナダ・トルドー首相は、中曽根氏が入り込んだことで左端の8位の位置となった。EU(欧州連合)の前身であるEC(欧州共同体)委員会委員長のトルン氏は立ち位置は左端となるが、この時は本来の中曽根氏のポジションである左から2番目に位置した〉

 このエピソードは各国記者の間でも語り継がれ、その後、並び順が厳格化されるきっかけになったとも言われている。

※SAPIO2016年1月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
佐藤、中曽根、小泉 歴史に名を残した総理晩節汚すジンクス
中曽根康弘氏 歴代自民党総裁の中で「一番画になった」の評
中曽根氏 議員引退迫った小泉純一郎と目合わせなかったと告白

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP