ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あけましておめでとうございます!新年1発目は…お正月に飲む「お屠蘇(とそ)」の由来と意味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

元旦に飲む「お屠蘇」は正式には「屠蘇延命散(とそえんめいさん)」といい、古くから日本に伝わる伝統行事です。お正月に飲む日本酒のことを「お屠蘇」だと思っている方もいるかもしれませんが、「お屠蘇」はただの日本酒ではなく、数種類の生薬を混ぜた「屠蘇散(とそさん)」を浸したお酒やみりんのことです。この「お屠蘇」のルーツは、中国の三国時代に華佗(かだ)という医者が考案したものとされています。華佗は『三国志演義』にも名医として登場するので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。お屠蘇の「屠」は「屠る(ほふる)」、「蘇」は「病をもたらす悪霊」を意味し、華佗は邪悪な悪霊を払って心身ともに健康にするための薬酒として薬草を調合したお酒を作ったそうです。

日本に「お屠蘇」が伝わったのは平安時代。中国・唐の使者が霊薬として嵯峨天皇に献上したことがきっかけでした。つまり、嵯峨天皇は日本で初めて「お屠蘇」を飲んだ人物ということになりますね。その後、「お屠蘇」は宮中行事として定着し、江戸時代には邪気を払って一年の健康を願う元旦の祝い酒として庶民にも広まっていきました。

近年では元旦に「お屠蘇」を飲む習慣がない家庭が増えているようですが、年末年始の薬局やスーパーではティーバッグ状になった「屠蘇散」が市販されていますので、それを利用すれば簡単に「お屠蘇」を作ることができます。「屠蘇散」に含まれている成分には胃腸を整えて風邪を予防する効果があるとされており、「お屠蘇」は一年を通じた無病息災と幸福をもたらすという縁起のいいものです。このお正月は日本古来の伝統にのっとって、「お屠蘇」を飲んでみてはいかがでしょうか。

おすすめのレシピ

ryorisapuri.jp

きのことおもちの和風グラタンのレシピ | 料理サプリ

さっぱり!梅ソースの焼きもちのレシピ | 料理サプリ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。