ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お雑煮の謎 「東の角餅、西の丸餅」 その境界線はどこ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新年に欠かせない、お節料理と雑煮。伝承料理研究家・奥村彪生さんの著書『わくわくお正月とおもち (おくむらあやお ふるさとの伝承料理)によれば、元旦に雑煮を食べる習慣が定着したのは、江戸時代中期、元禄以降のこと。もともとは、新年を迎えるにあたり、歳神に供えた特産物と餅を一つ、鍋で煮たことに由来します。

「東の角餅、西の丸餅」と言われるように、東日本では、のし餅を切った四角い角餅、西日本は丸い小餅を食べることが多いようです。そもそも、雑煮発祥の地、京都では餅をついて一つ一つ手で丸める丸餅を用いていましたが、将軍のお膝元、江戸では人口が多かったため、このやり方では時間がかかってしまいます。そこで、手早く大量に作れるようにと、餅を一気にのしてから切り分ける、角餅文化が広まりました。

 それでは丸餅・角餅の境界線はどのあたりなのでしょうか?

 奥村さんが、各地域の出身者に丹念に聞き取り調査を実施し作成した「全国お雑煮マップ(日本の雑煮文化圏図)」によれば、新潟県糸魚川から石川県金沢、岐阜県関ケ原、三重県四日市、和歌山県新宮を結ぶ線、ごく大まかに言うと、関ヶ原を境目に、ちょうど東西に分けられると言えそうです。

 もちろん、混在する地域や例外な地域もありますが、東日本で異色なのが、山形県庄内地方。東日本の角餅文化圏内にもかかわらず、東北では唯一、酒田市・鶴岡市だけ丸餅となっています。一体なぜ、庄内地方の餅は丸いのでしょう?

 実は、日本海側のこの地域は、北前船で栄えた港町。江戸時代には西回り航路の起点だったため、京都や大阪から上方文化が数多く運ばれてきました。そのため現在でも西日本の食文化の影響が強く、丸餅なのではないかという説が有力です。

 また、雑煮の変わりどころで有名なのが、四国・香川県のあん餅雑煮。白みその汁に、あんを包んだ餅を入れます。「白みそにあん入りの餅を入れるなんて!」とびっくりしてしまいますが、白みその塩気とあんの甘味が意外にマッチするのだとか。

 地域ごと、あるいは家庭ごとにバラエティーに富んだ調理方法が存在する雑煮ですが、今年の正月は”歳神に供えたお供えを家族でいただく”という、本来の意味をかみしめながら、家庭で雑煮を味わってみてはいかがでしょうか。

■関連記事

都内で行列のできる"豆大福"の人気店とは?
バクダン、カストリ、密造ウイスキー……ワイルドすぎる戦後の酒文化
美食家・北大路魯山人「究極の料理の盛り方」10のこだわり

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP