ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HAPPY●NEW●YEAR!人生に旅心を。あなたの旅のスイッチは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あけましておめでとうございます。

そして、いつもTABIZINEをご愛読いただき、ありがとうございます。本年も「人生に旅心を」吹き込むような、わくわくする記事をみなさんに届けていきたいと思っております。

「人生に旅心を」ー。

それは、人生を彩るセンス。
それは、この世の中を楽しむための視点。
それは、心が自由であること。

そして「旅」とは、身も心も自由になることではないでしょうか。

そこで、TABIZINEライターたちの「旅のスイッチ」をご紹介。旅の達人たちは、どんなときに旅に出たくなるのでしょうか?

TABIZINEライター陣の「旅のスイッチ」

行ったことのない場所、あるいは過去に住んでいた国を目にしたとき

『TABIZINE(タビジン)』を始め、旅行情報サイトや雑誌などで行ったことのない場所、あるいは過去に住んでいた国を目にしたとき。仕事でもプライベートでも、旅行に2か月以上出かけないと「travel bug(旅行熱)」に悩まされます。(sweetsholic)

「なぜか気になる」ことがスタート

子供のころから世界地図を眺めるのが大好きでした。有名な観光地ではなく、大陸の端っこや海に囲まれた小さな島を眺めては「ここはどんな場所で、どんなヒトがどんな暮らしをしているんだろう?」と妄想を膨らませていました。大人になった今でも結局変わらず、時間があれば地図を眺めています。最近では小説や映画に登場する街に惹かれることが多く、美しさや情緒を感じるとすぐにどんなところか調べて、最終的に旅しています。いつでも私の旅は「なぜか気になる」ことがスタートのようです。(Nao)

何かを成し遂げたとき

仕事で「今回はよく頑張った!」と何かを成し遂げたときに旅に出たくなります。旅が好きなので、自分へのご褒美に。(小坂井 真美)

季節の変わり目

季節の変わり目に旅に出たくなります。冬が始まるころに、北海道の夜を思い浮かべたり、夏が始まるころに、沖縄の景色を思い浮かべたり。太陽の傾き方や、空の高さや、大気の肌触りなどが目立って変化したように思える日も、どこか遠くへ行きたくなります。(坂本正敬)

空を見上げて晴天だったら

時間に追われる暮らしの中でぽっと暇が生じたとき、空を見上げて晴天だったら即、旅のスイッチON! 車にキャンプ道具を詰め込んで、山や川や湖へまっしぐらに向かいます。自然がくれる癒しや新鮮さ、ワクワク・どきどき感は、何度味わっても飽きない素晴らしい発見です。(内野チエ)

四季を匂いで感じたとき

春を告げる沈丁花の香り、光あふれる初夏の緑や土の匂い、ラベンダーの香り、蒸し暑い夏の夜の混沌とした匂い、秋になると漂う金木犀の香り、冬の朝のパキッとした空気の匂い。四季の訪れを匂いで感じたとき、ちょっと日常をお休みして旅に出たくなります。(山口彩)

それぞれの旅のスイッチ。あなたが共感するものはありましたでしょうか。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。そして人生に、旅心を!

[All Photos by shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP