ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人間は120歳まで健康に生きられるようになる!? 長生き薬の研究者「実現は10年か20年後」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イスラエルでは誕生日の祝辞に「120歳まで」という言葉を添える慣わしがあります。これは聖書の創世記に、神が「人の寿命は120歳としよう」と述べたとされていることに由来していますが、その年齢まで長生きする人は実際にはほとんどいません。

しかしイスラエル出身で米ニューヨークのアルベルト・アインシュタイン医学校の加齢研究所長ニール・バルジライ医学博士は「10年か20年後には、長生き薬を飲めば大半の人が110歳から120歳まで生きられるようになるだろう」と語っています。(文:夢野響子)
1900年の米国の平均寿命は50歳。医学には実績がある

この話は、12月22日付けのスタートアップ・イスラエル紙にシモーナ・ワイングラス氏が寄稿したもの。この薬があれば長生きできるだけでなく、人生の終わりの5年間を医者に通うことなしに、比較的健康に過ごせるようになるというのです。

これまでにも科学は、うじ虫やネズミの加齢速度を落とすことに成功しています。1900年に米国の平均寿命が50歳だったことを見れば、医学がすでに人間の寿命を延ばしてきたことは明らかです。

バルジライ博士たちは、開発中の加齢を遅らせる薬の試験許可を、米国食品医薬品局(FDA)に求めています。ただし老化は病気ではないため、バルジライ博士は加齢に伴って起こりうるガンや心臓病、脳卒中、アルツハイマー型認知症のようないくつかの疾患を同時に対象とした薬として、承認を得ようと働きかけています。FDAがこれを治療の領域だと判断しない限り、研究資金は集まりません。

「この薬がそれらの疾患を防ぐか、遅らせることができたら、承認が下りるでしょう。どうして人生末期の5~10年間に、人は複数の疾患を併発するのか。現在は、複数の治療が老人たちの身体の中で相互作用している状態です」

バルジライ博士の同僚でシカゴ大学のS.ジェイ・オルシャンスキー氏は、20世紀の寿命の延びは肺炎、インフルエンザ、結核のような感染症の治療の結果であると説明します。しかし現在、人々の死因となっているのは、心臓病、ガン、脳卒中、アルツハイマー型認知症であり、これらには異なった取り組みが必要です。
「疾患の経路を妨害する薬」を研究

イスラエルから米国へ招かれたバルジライ博士は、95~112歳の500人以上の高齢者の長寿の秘密を探っています。彼は100歳以上の老人の生活習慣を調査し、彼らが特別の健康維持方法をとっていないことを発見しました。

彼らの半数は肥満で、半数は運動をせず、男性の6割、女性の3割が喫煙しています。しかし彼らは病気にかかりにくい遺伝子を持っています。科学者は遺伝子を変更することはできませんが、疾患の経路を妨害する薬を設計することはできます。

100歳以上の人々は若い人同様、感染症や心臓病や脳卒中で、長く苦しまずに亡くなっています。ですから、加齢を遅らせればいいわけです。

この薬の実現に大変楽観的なバルジライ博士ですが、あと10年は研究を続ける必要があると言います。将来発売される薬は高くて、裕福な人にしか手が届かないのではないかという疑問には「最初の5~10年は高いかもしれないが、その後はジェネリック化されるだろうし、その頃にはまたよりよい薬が出てくるはずだ」と予想しています。
「そんなに生きて何をするのか」が問われる時代になる

しかし実際に100歳以上まで健康に生きられるとして、その余分な時間をどう使うのか、というのが本当の疑問ではないでしょうか。博士はある100歳以上の人の答えを引用して、これに答えています。

「私のやりたいことのリストが、私がやり遂げたことのリストよりも長い限り、私はまだ若くて何でもできるのだ」

あわせてよみたい:長生きしたけりゃ「金曜日の日没から24時間」は仕事を忘れましょう
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP