ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

つわり終了、年末年始も重なって体重急増!あわてて運動するも、今度はお腹の張り

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope03:20150920192643j:plain

私がつわりから解放されたのは、妊娠5か月頃でした。

やっと普通のごはんが食べられるようになって、肉も魚もこってりした物も美味しく感じられて幸せいっぱいです。

今まで食べられなかった分、あれもこれも食べたい!とあふれ出る食欲と、赤ちゃんに必要な栄養も摂らなくてはと気になるものです。

そしてお医者さんからは

「体重が増えすぎると、産道に脂肪がついて難産になったり、妊娠中毒症(高血圧、むくみ、尿たんぱくなど)になる危険性があるから、くれぐれも体重の増えすぎには気を付けてね」

と言われていました。

もともと標準体重ではありましたが、太りやすい、というか太る食べ物が大好きなので、その分ダイエットも気にしていました。

食べた分はウォーキングで燃焼しちゃえ!と甘くみていたのですが、その頃は食欲がダントツで突っ走っていたので、ウォーキングを1時間ぐらいしても帰り道にファーストフード店に寄って脂っこい物を食べていったり、スーパーでスナック菓子を買っていたりと太る要因も満載でした。

やはり体重の増加は如実に表れて、検診では、ついに母子手帳の特記指示事項

「(2.5)㎏up食事に注意」というハンコを押されてしまいました。

ちょうど検診前にお正月を挟んでいたので、

「年末年始のご馳走続きもたたっていたのだと思います」

と言い訳をしていても何もなりませんが。

このペースでの体重増加は怖いので、通販でマタニティビクスのDVDと、ついでに産後もどんな体型になっているか恐ろしかったので、アフタービクス(産後の運動)のDVDも買っておきました。

マタニティビクスは、妊娠中の運動です。

何となく自分のなかで、ヨガのようなスローな動きは苦手意識があったので、リズミカルに、しかしお腹の赤ちゃんを気遣いながら無理のない運動を、という趣旨で無理はなさそうなので、選んでみました。

普段使わない筋肉を使うので、なまった妊婦の体にはちょっとキツイかな?という感覚でしたが、週に2~3回はやるようにして、ついでにウォーキングの時間も長めにして、時には2時間ぐらいという日もありました。

その後、食事に注意のハンコも押されず順調だわと思っていた7~8か月頃から、お腹が張るようになってきて、微量ですが出血がありました。

慌てて病院に行ったら、あまり運動しすぎないでと言われ、張り止めの薬を処方されました。

ちょっとやりすぎたかと反省して、安静にしつつ、今度は8か月以降はだんだんお腹が張ったり、赤ちゃんも大きくなってきたのか、食べたいけれどあまり食べられないようになりました。

これはこれでつらいですが、出産までは、極端な体重増加はなくなりました。

f:id:akasuguope02:20151229124645j:plain

著者:まさみち

年齢:40歳

子どもの年齢:9歳

小学生の母。グータラで忘れっぽい息子は、良くも悪くも自分に似ているなと日々実感します。人を傷付けない笑いが好きです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

これ以上体重増えないで!食欲が抑えられず「爆食」した結果、どんどん増え・・・プラス20㎏に!
体重計は1日2回、スイーツはお豆腐!体重増加を6.2kgで抑えた私の体重管理方法
1ヶ月で3kg増量、『体重注意』のハンコに一念発起! 家事に絡めた運動はメリットいっぱい by 前川さなえ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。