体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

結婚式直前に別れた女性。「親友からのアドバイス」が心に響く・・・

230973337

こと恋愛相談においては、異性の友達のほうが的を得たアドバイスをくれることもあります。同情のない、鋭い意見をーー。

Elite Daily」のこの記事は、シンガポール在住の男性Keay Nigel氏が、結婚式を目前に控えながらも別れを決意した女友達に送ったアドバイス。親友だからこその手厳しい内容に、性別を超えた本物の友情が垣間見えます。

突然受けた別れの報告…

1740438

最近、仲のいい女友達から「6年間付き合っていたフィアンセと別れることにした」と電話がかかってきた。彼らは去年婚約したばかり。家を買う計画まで立てていたはずなのに、まさに寝耳に水。すべてが上手くいってるように思えただけに、予想だにしない彼女の告白には、ただ驚くしかなかった。

彼女がそのフィアンセと出会ったのは大学1年のとき。人生で初めてのボーイフレンドだったらしい。僕を含めて、彼女の友達はみんなが本当に祝福したんだ。2人は大学の4年間ずっと付き合っていて、ヨーロッパへの卒業旅行へも一緒に出かけていた。誰が見てもお似合いのカップルだった。

その後、彼がプロポーズ。もちろん彼女の答えは「イエス」。めでたく婚約。初恋の相手とそのままゴールインだなんて、まるでおとぎ話。2人は順調に歩みを進めていたんだ。

0594079

ところが、何かが変わり始めた。彼女は突然、結婚を約束した相手との恋に冷めてしまったらしい。自分の気持ちに整理がついていない様子が電話口からも伝わってきた。一体、何があったんだろう。

困惑の渦の中でもがき苦しんでいるかのような彼女は、僕にこう訊ねてきた。

「いまも本当に恋をしているのか、それともただ安心感だけで一緒にいるのか。どうしたらわかるんだろう?」

事の深刻さを感じ取った僕は即答できなかった。数分の沈黙の後、僕はこう切り出したんだ。

「誰かを求めることと、必要とすることは違うってことだよ」

僕の意図はこう。たとえば、彼女はオシャレなカバンが欲しい。でも、絶対に必要というわけじゃない。どれだけ欲しいかは、モノによってそれぞれ。「何としてでも手に入れたい」かもしれないし、「できれば欲しい」という程度かも。一方、誰にとっても酸素は必要。誰も「欲しい!」とは考えないけれど、人間にとって不可欠なもの。

もちろん、「欲求」と「必要」が同じになるときもある。もし、あなたが海で溺れたなら、当然酸素を求めるように。たいてい僕たちは、失って初めてその価値や必要性に気づくことが多い。「欲求」と「必要」がまったく違うこともあるけれど、両者は大抵、似たような性質を持っている。

「じゃあ、愛ってなに?」彼女の質問に僕はこう答えた。

「必要なものが欲しくなり、欲しいものが必要なこと。それが愛なんじゃないかな」

もう少し説明すれば、ほとんどの愛は「欲求」から始まると思っている。恋に落ちるときは、心の底からその人を手に入れたいと願うはず。そして、少しずつ時間の経過とともに相手に慣れていき、その人なしでは生きられないと感じてしまう。これが「欲求」と「必要」が同じになった瞬間。こうなったとき、初めてそれは「愛」と呼べるものになるのでは?

「中途半端な愛に落ち着いたら、
一生幸せになれないかもしれない」

Bride and groom with a white wedding bike
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。