ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さくらしめじ、アコースティックバンド編成で挑んだ初ワンマンが超満員

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さくらしめじが12月29日に光が丘IMA HALLにて自身初となるワンマンライブ『森のきのこの音楽会〜さんきゅう2015、うぇるかむ2016〜』を開催した。

この公演は急きょ追加公演として昼の部が追加となったが、昼の部・夜の部ともにチケットの一般発売と共に即完! これまで彼らが出演してきたイベントでは、メンバー2人でのアコースティックギターのみでの演奏がメインとなっていたが、今回のライブではドラム&パーカッション、ピアノ&キーボードを加えたアコースティックバンド編成でのライヴとなった。

BGMが消え会場全体が暗転となると、「森のきのこの音楽会、はじまるよ〜!」というかけ声と共に1曲目の「まよなかぴくにっく」のアコギによるイントロがスタート。ドラム・キーボードが包み込むようにアコギサウンドに絡み合うと、それを合図に幕があがり音楽会のステージがはじまった。

さくらしめじを象徴とするホワッとあたたかい音色が会場中に響きわたり、一瞬にしてゆったりまったりとした世界が広がってゆく。そして次の曲「せきがえのかみさま」へと、疾走感あふれる演奏で駆け抜けていった。

「せきがえのかみさま」が終わると、改めて自己紹介とバンドメンバーの紹介。「今日はこのメンバーさんたちと、そして会場に来ていただいたみなさんと一緒に楽しんでいきたいと思います。」と田中雅功(Vo.Ag)が一言。
続くミディアムバラード「きみでした」ではちょっぴり大人なアレンジがほどこされ曲の持つ切なさが最大級にいかされていた。その後、両親への感謝の気持ちをストレートにこめた「ぎふと」をうたいあげると、カバー曲のコーナーへと突入していった。

今夏、彼らは全国の都道府県をライブしてまわる通称“菌活”をスタートした。この“菌活”では、その県出身のアーティストの楽曲をカバーしてきたのだが、このライブでは川本真琴の「1/2」、My little loverの「Hello,again〜昔からある場所〜」を披露。「1/2」ではエッジの利いたギターリフの応酬から始まり、間奏でドラムソロが入るアグレッシブなアレンジが施されていた。「Hello,again〜昔からある場所〜」では高田彪我(Vo.Ag)の透き通った歌声が染み渡り、サビでの田中とのハーモニーに思わず会場全体が息をのんだ。

「ここで新しい僕のお友達をご紹介します!おいで、びろびろくん!」と高田が呼ぶと、ステージ袖から“びろびろくん”と名付けられたアコーディオンが登場。アコギからアコーディオンに持ち替え、「いなり寿司」とそれを食べに来る「おいなりさん(きつね)」のほっこりストーリーが描かれた新曲「こんこんずし」を披露。アコーディオンによるポップなフレーズが印象に残った。

続く「さんきゅう」は、来月に発売される3rdシングルへの収録が決定した結成当初からの楽曲である。歌詞にこめられた、“これから先のことなんてわからないけど、とりあえず焦らずに歩いていこう”というメッセージが、彼らの等身大の歌声に響き渡っていった。

その後のMCでは、先日ショートバージョンが公開となった「はじまるきせつ」のMVのメイキング映像がバックに映し出されると、メンバー2人もステージ前方で体育座りをして一緒に楽しんだ。

後半戦はそんな「はじまるきせつ」からスタート。透明感のあるピアノフレーズから楽曲の持つ疾走感そのままに、“何かがはじまる”そんな期待と淡い気持ちが入り交じった、どこまでも澄み渡るような真っ白な思いがこめられていた。

「はじまるきせつ」が終わると、キックの音が鳴り響き、高田によるコールアンドレスポンスコーナーがスタート。高田の大好物である「T.K.G(たまごかけごはん)」という言葉がフワっとトロっと会場内に響き渡ると、パワフルなアコギのストロークを田中がかき鳴らすさくらしめじのロックチューン「てぃーけーじー」。アウトロでは、ピアノ・ドラム・アコギと全ての楽器が混ざり合い、1つの音の塊となって会場内をかけめぐった。

田中、高田がお互い顔見合わせアルペジオを奏でると本編最後の曲「いくじなし」へ突入。彼らの初のオリジナル曲でもあり、結成以来ストリートライブをする際は絶対に演奏されていた楽曲でもある「いくじなし」。雨の中も、観客が1人もいない時も、共にたくさんの時を過ごしてきた曲が、満員のホールに広がり、とけていった。

演奏後もなりやまない拍手が、メンバーが袖にハケると同時にアンコールを求める拍手へと鳴りかわってゆく。

ふたたびステージ場が明かりで照らされると、田中・高田の2人が再登場。田中の「それではアンコールにおこたえして」とはじまったのは「きのうのゆめ」。田中と高田の2人だけで奏でられたハーモニーは、誰が聴いても唯一無二と感じられる、独特の響きを持ちっている。曲中のフレーズにもある「昨日にまだしたくないな…」という言葉が、この瞬間彼らが想っていた“この時間がいつまでも続けばいいのに”という気持ちとリンクし、より一層の共鳴を生み出していた。

「ここで僕たちから大ニュースがあります!こちらをどうぞ!」という2人の合図で、来春4月23日に千葉文化会館にてワンマンライブ「菌唱-KINSHOW-」が開催されることが発表された。さらに無料ファンクラブ「じめじめ倶楽部」の開設も続けて発表され、来年もとまることなく、ゆったりまったりと自分たちの歩幅で進んでいくことをファンに伝えた。

バンドメンバーを再度呼び込み、「最後の曲はみんなで一緒に歌いましょう!」というかけ声のもと、アンコールラストの曲「みちくさこうしんきょく」が演奏された。例えどんなことが今後待ち受けていようと、全部を楽しんで乗り込んでいこうというメンバーの強い思いと、会場にいる全員による「ラララ」の大合唱で『森のきのこの音楽会』は幕を閉じた。

さくらしめじは1月13日に3rd両A面シングル「はじまるきせつ/さんきゅう」をリリース。それに伴い、1月の毎週末は関東近郊にてリリースイベントが開催される。

そして4月23日に千葉文化会館にて春のワンマンライヴ『菌唱-KINSHOW-』が実施。チケットはさくらしめじオフィシャルメルマガ「じめじめ倶楽部」の会員を対象とした先行抽選が1月8日よりスタートとなる。

※高田彪我の「高」は旧字体が正式表記

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP