体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「思いを伝えられないって、もどかしい」わたしが世界一周中に言語を学びたくなった10の瞬間

世界には何千という言語が存在していて、私たちが世界共通語として教えられている英語は、実は世界で3番目に話されている言語なんです。

中国語とスペイン語が話されている国のほうが多く、世界を旅してみるととにかく言葉の分からない環境に置かれることが多くあります。

そんなとき、「あーもっと伝えたいのに!」「言葉が分かれば!!」と思うことがしょっちゅうありました。

世界44ヵ国を旅した私が感じた、その国の言葉を学びたいと思った10この瞬間をご紹介します!

 

ありがとう以上のことを伝えたい時

14376185120_65d0477322_b

Photo by Japanexperterna.se

これが最も多い瞬間!

旅をしていると本当にたくさんの地元の人に親切にしてもらうことがあります。

道案内、両替の手伝い、買い物の手伝いはもちろん、ご飯をおごってもらったり、観光の案内までしてもらったり・・

そんなとき、現地の言葉で「ありがとう」は覚えていても、それを繰り返すことしか出来ないとき、もっと感謝を伝えたいのに!と歯がゆくなります。

 

食の好みを伝えたいとき

PC300956

Photo by Ayumi Hara
旅の楽しみの一つ、その国の食事を楽しむ時、メニューを見ても分からない!

さらには辛いの?甘いの?脂っこいの?パクチー入ってる?など、自分の好みを伝えたい時に言葉が分かればいいなと思いました。

ちなみに私は辛いものが苦手なので、各国で「辛い?」という単語を覚えていました(笑)

 

ゲストハウスでの交流のとき

PC280733

Photo by Ayumi Hara

世界各国からの旅人の集まるゲストハウスでは、色んな言語が飛び交っています。

そこでルームメイトなどに飲みに行こうと誘われたりしても、自分だけ言葉が分からなかったりした時、言葉を学んでいればなーと思うことがあります。

特に英語とスペイン語を話せる旅人が多いので、スペイン語を学びたいと感じることが多くありました。

 

自分の国について聞かれたとき

7912000590_acb419fc91_b

Photo by kobakou

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy