ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「思いを伝えられないって、もどかしい」わたしが世界一周中に言語を学びたくなった10の瞬間

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界には何千という言語が存在していて、私たちが世界共通語として教えられている英語は、実は世界で3番目に話されている言語なんです。

中国語とスペイン語が話されている国のほうが多く、世界を旅してみるととにかく言葉の分からない環境に置かれることが多くあります。

そんなとき、「あーもっと伝えたいのに!」「言葉が分かれば!!」と思うことがしょっちゅうありました。

世界44ヵ国を旅した私が感じた、その国の言葉を学びたいと思った10この瞬間をご紹介します!

 

ありがとう以上のことを伝えたい時

Photo by Japanexperterna.se

これが最も多い瞬間!

旅をしていると本当にたくさんの地元の人に親切にしてもらうことがあります。

道案内、両替の手伝い、買い物の手伝いはもちろん、ご飯をおごってもらったり、観光の案内までしてもらったり・・

そんなとき、現地の言葉で「ありがとう」は覚えていても、それを繰り返すことしか出来ないとき、もっと感謝を伝えたいのに!と歯がゆくなります。

 

食の好みを伝えたいとき

Photo by Ayumi Hara
旅の楽しみの一つ、その国の食事を楽しむ時、メニューを見ても分からない!

さらには辛いの?甘いの?脂っこいの?パクチー入ってる?など、自分の好みを伝えたい時に言葉が分かればいいなと思いました。

ちなみに私は辛いものが苦手なので、各国で「辛い?」という単語を覚えていました(笑)

 

ゲストハウスでの交流のとき

Photo by Ayumi Hara

世界各国からの旅人の集まるゲストハウスでは、色んな言語が飛び交っています。

そこでルームメイトなどに飲みに行こうと誘われたりしても、自分だけ言葉が分からなかったりした時、言葉を学んでいればなーと思うことがあります。

特に英語とスペイン語を話せる旅人が多いので、スペイン語を学びたいと感じることが多くありました。

 

自分の国について聞かれたとき

Photo by kobakou

外国人は自分の国や住んでいる場所のことを話すのが得意です。

そのためよく「あなたの都市の人口は?」とか「何が有名?」とか聞かれるのですが、何万という数字や名所の説明をその国の言葉で伝えるのは至難の業!もっと紹介したいのに伝えられない悔しさがあります。

 

緊急の助けが必要なとき

Photo by J-Cornelius

スリや盗難、急な体調不良になってしまったとき、助けを求める言葉が分からず不安になることがあります。そんなとき、孤独に感じて言葉が分かればなぁと思うことがあります。

私自身もスペイン語圏で盗難にあったとき、スペイン語が分からず周りに助けを求められませんでした。

危ない目にあったときに、少しでも単語が分かると心強いなと思います。

 

ぼったくられたとき

Photo by hapal

残念ながら、日本人と分かると高い金額を言ってくることは色んな国でありました。

到着した初日など、言葉が分からず後から多く払ってしまっていたことに気付いたり、ぼったくられていることに気付いても反抗する言葉が出てこなかったりします。そんなときに言葉の必要性を感じました。

 

出会った日本人が地元の人と話していたとき

Photo by francisco_osorio

同じ日本人の旅人が、英語圏ではない国で現地の言葉でコミュニケーションを取っているのを見たとき、自分も出来れば!と強く思います。

特に中米あたりではスペイン語を勉強してきた日本人に会うことが多く、話せる日本人を羨ましく見ていました。

 

現地で友達が出来そうだったとき

Photo by Ayumi Hara

たまたまカフェで話しかけてくれたおじさんや、無邪気に走り寄ってきてくれた子供、日本に興味を持ってくれた地元の人と仲良くなりたいのに英語が通じない!という経験は必ずすると思います。

そのとき、少しでも現地の言葉が分かればあと一歩仲良くなれたのになぁと思います。

 

ため息をつかれた時


Photo by Boudewijin Berends

特にフランスやスペインなど、自分の国の言葉に強い誇りを持っている国では、英語で話しかけるとため息をつかれたり、無視されたりすることがありました。
何を言っても母国語で返されて、しまいには対応してくれなくなったりして悔しい思いをしました。

「郷に入れば郷に従え」で、現地の言葉を学びたいと強く思いました。

 

その国を出るとき


Photo by Ayumi Hara

毎回1つの国を出るとき、もっとその国を知りたくて「言葉が分かればもっと多くの経験ができて、多くの人と関われて、多くのことを見れたかもしれない」と思うことがあり、次来るときは少しでも多くの単語を覚えてこようと思いました。

 

言葉が分かれば更に充実した旅に!

もちろん英語も話せなくても旅は出来ます。話せなくても旅してる人もたくさんいます。

しかし、英語だけじゃなくその国ごとの言葉が分かれば、現地の人と少しでもコミュニケーション取れれば・・と感じる瞬間は、誰しも経験すると思います。

少なくとも現地の言葉で「ありがとう」「おいしい」「ごめんなさい」と数字は覚えておくと便利です。

また、それを英語の話せる地元の人から教えてもらうと楽しいですよ!

言葉を話せない不安よりも、学びたい!伝えたい!分かりたい!という積極性をもって旅をしてみると、もっと広い世界が見れるかもしれませんね!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。