体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホステルに泊まってみたい、コミュ障バックパッカーへ。外国人の友達が簡単にできるコツ教えます

せっかく世界を旅するのだから、外国人の友達を作りたい。それに、バックパッカーがあつまるホステルにも泊まってみたい!

でも…英語が飛び交う完全なアウェー感に馴染めないんじゃない?それに、そもそも何話しかけたらいいの…?

 

そんなホステル初心者さん必見!

世界一周中、インターナショナルホステルに泊まりつづけ70以上の国籍の外国人と交流した筆者が、外国人の友達を作るコツを教えちゃいます。

 

つかみは明るく!

3833478300_116f0dca6f_o

Photo by baranclesdublingalway

特にコミュニケーションを重視する海外では、無言で部屋に入っていくのはマナー違反。コミュニケーションが取りづらい人のように見えてしまいます。

英語が苦手なら、多くの事を話そうとする必要はありません。「hi!」といいながら明るく笑顔で部屋に入るだけで、後々仲良くなれる確率がぐっとあがるでしょう。

 

質問やお願いをしてきっかけをつくる

8578279742_97b39d980b_b

Photo by pedrosimoes7 

きっかけは自分で作り出すもの、見つけるものです。

必ずしも本当に用事がある必要はないので、用事がある感じで話しかけてみましょう。

「ちょっと聞いてもいい?〇〇にはもう行った?」や「ちょっと〇〇を使ってもいい?」などが便利です。

話が弾めばそのまま話続けられますし、もしフレンドリーでない人なら、そこで会話を終わらせてしまえばいいのです。

 

キッチンは出会いの宝庫

6975053966_4769796c4a_c

Photo by shankaronline 

ホステルの狭いキッチンでは、ゆずりあって調理をする必要があるので必然的に会話が生まれます。

また、お互い食事前ということで「何つくってるの?」や「ちょっと作りすぎちゃったから食べる?」などと自然に会話が弾みます。

そのまま「一緒にごはん食べよう」という流れになる事も多く、キッチンにいると自然に友達ができやすいです。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。