体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今まさに相模原で一番注目される中華屋さん『自由軒』をまとめてみた

jiyu-ten6_R

全ては一杯の炒飯から始まった、私と空と『自由軒』の甘酸っぱい想い出……。

と、言う訳で今、相模原で一番イケてる『自由軒』の美味しい料理の数々をまとめてみました。

jiyu-ten3_R

正直、相模原というだけでもマイナーなのに、さらに『自由軒』と言ってもピンと来ないと思われますが、あの横浜にある名店『自由軒』の暖簾分けが、相模原の西門近くに存在するのです。

jiyu-ten2_R

言うまでもなく味は抜群、価格もこなれた”大衆中華”なので、最近は筆者もヘヴィーローテーションする勢いです。

『天津チャーハン』

jiyu-ten5_R

「全てはココから始まった…」

まさに運命の出会いでした。あの横浜にある『自由軒』が相模原でも味わえると言う事で、訪れた筆者の目的はただひとつ、この

『天津チャーハン大盛り』

で御座います。横浜では裏メニューだった『天津チャーハン』も、この相模原『自由軒』なら誰もが気軽にオーダー出来るのです。

jiyu-ten8_R

結果、こんな感じで……。

この美しい黄金色の食べ物の中身は、美味しい炒飯で構成されています。

jiyu-ten10_R

基本的にはベーシックな普通の炒飯こそ至高と思っていたのですが、普通の炒飯では到達出来ない領域を感じる事が出来ました。

『チャーハン』

jiyu-1_R

『自由軒』と言えば『椎茸ラーメン』が有名ですが、筆者にとっては

「炒飯が美味しい店」

として脳内にインプットされています。結構、あちこちで炒飯を食べる筆者ですが、この『自由軒』の炒飯は確実に筆者のベスト3に入る美味しさで御座います。

jiyu-2_R

『自由軒』はボリュームがある事でもチョイチョイ有名ですが、この『チャーハン大盛り』は、まさに『自由軒』の真骨頂と呼べるメニューです。

jiyu-8_R
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。