ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大晦日格闘技 フジ・TBS・テレ東で視聴率バトルロワイヤル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年の大晦日は久しぶりに格闘技が紅白歌合戦のライバルの位置に帰ってきたと話題だ。「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015」がさいたまスーパーアリーナで3日間にわたって行われ、フジテレビで地上波中継されるからだ。2003年に紅白を瞬間最高視聴率で上回った曙vsボブ・サップの再戦が発表されるなど、話題性は抜群でフジテレビ復活のきっかけといわれてもよいはずなのに、あまり景気がよい話が聞こえてこない。

「チケット売れ行き好調とリリースを出していましたが、当初の見込みより売れていなくて、3割も座席数を減らしたなんて話が聞こえてきます。最初から減らせるように設定していたあたり、売れないかもしれないと思っていた本音が見えますよね」(スポーツ紙記者)

 かつて、格闘技は広く世間の関心を集めお茶の間でも親しまれていた。

 2003年12月31日は「K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!」「INOKI BOM-BA-YE 2003」「PRIDE男祭り」と3大会も総合格闘技の大会が開催され、それぞれTBS、日本テレビ、フジテレビで放映された。テレビ中継はあっても、会場で華やかな雰囲気を感じたいとチケットを求める人が多かった。ところが、にぎやかに盛り上げたいと主催側が話題を提供しても反応が鈍い。

「お祭り感がないんですよね。発表されている出場選手も、曙、ボブ・サップ、ピーター・アーツ、エメリーヤエンコ・ヒョードルと古い人ばかり。新人という意味では、山本美憂の息子の山本アーセンが出るけれど、総合を一試合もしたことがない。

 叔父の山本KID徳郁だって、修斗で何試合も戦って評価を高めてから大きな舞台で活躍したのに、それもない。テレビ中継があるなら、それで見ればいいかとなります」(スポーツジャーナリスト)

 話題性はあるのに試合会場へ行かないならば、テレビ観戦向きなのか。ところが、そちらも不安材料が多い。

 TBSが2011年から大晦日に放送している「KYOKUGEN」で、2004年12月31日の「K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!」で、前出の曙vsサップ戦と同じく瞬間最高視聴率で紅白を上回った魔裟斗と山本KID徳郁の再戦という企画を実施することになった。ほかに格闘技で歯、WBA世界フライ級タイトルマッチ井岡一翔対ベレコ、IBF世界ミニマム級タイトルマッチ高山勝成対アルグメドも同番組で中継される。

「TBSの『KYOKUGEN』はボクシング中継をはさみながら、スポーツ各界の一流選手が対決をするバラエティ色が強いスポーツ番組です。そこの目玉として、11年前の伝説の試合の再戦をもってきた。他の対決では、ラグビーの五郎丸歩やサッカーのメッシなど、スポーツに詳しくなくても知っている有名人が出てキック勝負などをする。大晦日にお茶の間で見るなら、こっちのほうが気楽で楽しいんじゃないですか」(前出・スポーツ紙記者)

 総合格闘技ではないが、テレビ東京もボクシングWBA世界S.フェザー級チャンピオン内山高志の11度目の防衛戦と、WBA世界L.フライ級タイトルマッチを放送する。大晦日は格闘技を巡って3つのテレビ局がしのぎを削る。

 2014年12月31日の視聴率をみると、「KYOKUGEN 2014」を放送したTBSは3.4%、「ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜」のフジテレビは3.3%、テレビ東京の「ボクシング3大世界戦」は5.6%だった。NHKを含めた視聴率ではテレ東3位、TBSが5位でフジ6位だ。2015年は、話題性が高い格闘技によって、どのような結果になるだろうか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジ若手アナ 寿退社の本田朋子を慕うも平井理央の話は出ず
紅白越えも遂げた大晦日の格闘技がテレビから姿を消した理由
瞬間最高視聴率 猪木×アリ38.8%で亀田興毅×内藤51.2%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP