ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箱根連覇狙う青学・原監督 9区エース起用は誰のアイデアか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 正月の国民的関心事となった箱根駅伝で、優勝を狙う大学が勝負どころと考えるのが復路の8区と9区だ。繰り上げスタートやシード入り争いなど、ドラマティックな場面が多い8区と9区の、マニアならではの見どころはどこなのか? 日本で最もマニアックな陸上長距離専門ウェブメディア「駅伝ニュース」の主宰者・公園橋博士が、日本テレビ系列での放送予想時刻とともに8区と9区の見どころを紹介する。(放送予想時刻はあくまで目安であり、前後する場合があります)

 * * *
【1月3日 10:05】「平塚中継所」

◆8区(21.4km)
・コースDATA/海沿いの平坦な湘南路を通り、9kmあたりから上り勾配へ。ラスト5kmは戸塚中継所に向かう難所の坂。
・区間記録/古田哲弘 1時間4分5秒(山梨学院大・1997年)

【1月3日 10:20】「富士山を背負って走る絶景ポイント」

「正月の富士山」を見るならこの8区だ。10km付近まで東向きに直進する選手の背後に、晴れていればきれいな富士山が見える。

【1月3日 10:30】「沿道の徳光さんを探せ!」

 茅ヶ崎に自宅を構えるフリーアナウンサー・徳光和夫さんが7km付近にある「野球場前」の信号付近でマイクを持って勝手に実況をしている。選手一人ひとりの特徴や出身地まで把握した本格的な実況だ。往路3区で姿がないのはまだ集団がバラけておらず、一人ひとりにコメントできる場面が少ないからだと考えられる。沿道の徳光さんを見つけられるか。

【1月3日 11:14】「戸塚中継所」

◆9区(23.1km)
・コースDATA/往路2区終盤の上り坂を序盤で駆け下りる。繰り上げスタート回避のための下位チームの粘りも見所。
・区間記録/篠藤淳 1時8分1秒(中央学院大・2008年)

【1月3日 11:15~】「9区起用法は『3強監督』の因縁バトル」

 往路2区で各校のエースたちを苦しめた長い坂は、今度は序盤の下りになる。ペース配分を誤れば失速しかねない、難しい区間だ。

 前回、青学大の原晋監督は当日のエントリー変更で主将の藤川拓也(現中国電力)を起用。藤川は区間賞の快走を見せた。9区にエース級を配置する手法を原監督は、ライバル校から学んだのではないかと私はみている。

 原監督が青学大に来たばかりの頃、全日本大学駅伝で予選落ちをしていた時期があった。原監督は解説者として大会に招かれ、駒澤大の大八木弘明監督や東洋大・酒井監督に熱心に取材していたのを思い出す。

 かつて大八木監督は「9区で全部が決まる」と公言し、エース格の窪田忍(現トヨタ自動車)を2度起用した。同じ福島出身の酒井監督は大八木監督の手法を熱心に研究し、それに倣ってきた。その2人を取材した経験が、今の青学大の采配に活きているのではないか。「3強」の監督の因縁が9区でぶつかり合う。

※週刊ポスト2016年1月1・8日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
正月の風物詩・箱根駅伝 関東以外の大学も出場できるのか?
箱根連覇狙う青学 往路を圧倒差で優勝し復路は消化試合に?
東海大・村澤「お家の事情」で5区の山登り起用も検討された

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP