ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目的に応じて3タイプを使い分け!双子育児のベビーカー選び

DATE:
  • ガジェット通信を≫

双子育児の中で大きな買い物といえばベビーカー。

横型か縦型か、これは悩むところです。私もかなり悩んだのですが、最終的に購入したベビーカーはなんと3台にもなりました。

まずは主戦力の横型

ベビーカーを選ぶうえでまず考えたのは使う時期でした。

私の場合、首すわりの前から1人で病院に行くことになるだろうと思ったので、A型は必須。

縦型のA型はまずないので、横型ベビーカーにするか、1人用A型ベビーカーと1人抱っこにするかを迷いましたが、結局は横型を購入しました。

その理由は妊娠中発育不全であり、おそらく未熟児で生まれてくるであろう子供の体重では、新生児対応の抱っこ紐でもしばらく使えないということがあったからです。

ベビーカーに乗せるのも心配ですが、フルフラットのベビーカーであれば、ゆっくり押せば大丈夫かなと思っておりました。

あとは、双子のご家庭はわかっていただけると思いますが、せっかく双子なのだから2人並んで乗せてみたいというただのミーハー心も理由です。

今もう一度ベビーカー選びをするとしても、横型を選ぶと思います。

大きい分、安定感があり、重いですが片手で押してもまがったりしません。

大きい分荷物も置けますし、子供も相方がすぐ横にいるのでときどきキャッキャと笑いあったりしていました。

親バカではありますが、その姿をかわいいと思って写真を撮りまくっていました。

ただ、横型の問題点が2つでてきました。

まず、狭い道は通れない=スーパーで買い物ができないというのと、車のトランクに入らなかったという買う前に確認するべきであった、完全に自分のミスだったというものです。

スーパー用の1人乗り

次に購入したものはA型の1人乗りベビーカーで、こちらは中古でお安く買いました。

この頃には抱っこ紐も使える体重になっていましたので、スーパーへ行ったり、人ごみにも行けましたし、車移動先でも使うことができました。

ただ、ベビーカー生活にも慣れてくるとハンドルさばきもうまくなり、横型ではスーパーにはいけないものの、人ごみでも横型を問題なく使えるようになりました。

そうなると、1人乗りの使用はスーパーでの買いものが主になります。

ただ、腰がすわった後は、抱っこ紐2本を使い、抱っことおんぶで2人をスーパーまで連れて行き、1人をスーパーのカートにのせ、1人を抱っこで買い物するようになりました。

そのほうが買い物かごを扱いやすいからです。

そうなるとなかなか1人用の出番はなくなっていきました。

そして、だんだんと子供が重くなっていくと、抱っこせずにベビーカーに乗せておきたいという気持ちが強くなり、スーパーにも行ける、電車にも乗れる縦型ベビーカーをついに購入することになりました。

縦型での楽々電車移動

縦型2人乗りの中でも一般の改札が通れるタイプを選んだのですが、これを手に入れたことによって、電車移動が捗りました。

広い改札ですと並ばなければいけなかったりと時間がかかりますが、一般の改札が通れるととても楽でした。

久しぶりに電車に乗っていると、1人で移動していたころの感じが戻ってきて、バカみたいですが電車に乗っただけで社会復帰したような気分になっていました。

また、30分乗っていなければいけないときも、ベビーカーに乗せていれば重くありません。

双子用ベビーカーの中でこれが万能なのではないかと思っていたのですが、縦型は子供の成長によって使う頻度が落ちていきました。

体が大きくなってくるにつれ、後ろの席がやや狭いので前の席を取り合うようになってきたからです。

これがなければずっと縦型を使っていればよかったと思うのですが、電車移動以外では横型を使うように戻っていきました。

今も使い分け

1歳半になった今でもベビーカー3台をその時の状況によって使いわけています。

一番使っているのは横型ですが、最近はベルトを自分ではずし、走行中に脱出をはかるようになりました。

やんちゃすぎます。

ベビーカーそのものがもうすぐ卒業なのかもしれません。ベビーカーを買う前は1台しか買わないと誓っていましたが、なんだかんだと3台も、総額7万円ほどつぎ込んでしまいました。

お金が湯水のようにあれば、20万円もする海外ブランドの双子用ベビーカーが欲しかったので、それよりはとても安い買い物だった、後悔はしていない、と思うようにしています。

著者:シオモミ

年齢:35歳

子どもの年齢:1歳7か月の双子

夫の転勤を機に出版社を退職、京都へ引っ越したが即双子を妊娠。観光をする余裕もなく現在一卵性双子男児の育児にあたふた過ごしている。好きなものはマンガ、映画、本、アニメ、お酒。この一杯のために生きている系で、家にビールサーバーを置くのが夢。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

なんやかんやで買い替え、現在3台目…。我が家のベビーカー迷走記
子どもが歩き始めてからのお出かけに大活躍!軽さが決め手のセカンドベビーカー
赤ちゃんもママもパパも、みんな快適! やっぱり違う、ハイシート

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP